「食」の側面から医療・福祉を見つめ支える日清医療食品。ヘルスケアフードサービス業界のリーディングカンパニーです。日清医療食品株式会社

運営体制について

役割について役割について

管理栄養士・栄養士の役割

各受託先に配置し、スーパーバイザーの指示の下、食事サービスそのものの調理にかかわる作業管理と献立管理を行います。

管理栄養士・栄養士の役割

メニュー作成

患者様や施設利用者様の病状や体調を確認した上で栄養成分のバランスがよい献立を作成。

NST支援

臨床栄養分野に関する実地研修や専門研修を実施 NST活動をバックヤードで支えます。

コミュニケーション

コミュニケーションを重ね、入院患者様・施設利用者様がどのような「食」を望んでいるかを模索します。

栄養士の仕事として上記の他には栄養指導として臨床栄養の知識に基づいた臨床栄養指導も対応できるよう、栄養士職の人材育成を強化しています。

NST業務参加の一例

  1. 各専門職の見解の統一
    院内勉強会にて院内スタッフの方々へ当社調理業務の考え方を説明させていただきます。また、専門職のご意見を整理し、目指すべき目標を設定します。
  2. 調理スタッフへの指導
    残食率や嗜好調査など、採取したデータを活用して当社調理スタッフに対し、現状の周知を図ると同時に調理方法や盛付けなどの勉強会を実施します。

調理師の役割

調理アドバイス

調理法一つで味も食べやすさも変わります。正しい調理方法を周りにアドバイスします。

インストラクターの役割

インストラクターには、受託業務課長直属の栄養管理インストラクター(栄養士)・調理技術インストラクター(調理師)並びに管理企画課長直属のGohan Tancs担当インストラクター・教育担当インストラクター・衛生担当インストラクター・メニュー担当インストラクターがおり、それぞれの専門分野を持っています。スーパーバイザーと連携を取りながら新規受託先の立ち上げや、すでにお取引きいただいている受託先を巡回し、業務運営指導等を行います。

インストラクターの役割

献立作成


食事サービスの内容や栄養バランスのメニューの構成が適正かどうか評価・判断します。

衛生管理


食材調達から管理・保管、食材加工、調理、配膳、廃棄体制など幅広い衛生管理を行います。

予算管理


食材の発注や管理システムのから使用が適切か確認。事業所の業務が効率的に進むようにサポートします。

調理指導


食物の栄養素や栄養量といった栄養学の観点から、調理方法を指導します。

スーパーバイザーの役割

ご契約後、きめの細かいアフターフォローを行うのが管理運営の専門職・スーパーバイザーです。
統括責任者として事業所の人事管理や採算管理・衛生管理等の業務を担当します。
当社ではこのスーパーバイザーをエリアごとに配置し、お客様にお喜びいただける食事サービスの実現に
取り組んでいます。    
スーパーバイザーはお客様と事業所スタッフを結ぶパイプ役として、またお客様のよきパートナーとしてご要望や方針をいち早くキャッチし、お客様の望む方向へとスタッフをリードして参ります。

スーパーバイザーの役割

医療機関・福祉施設・保育所の給食部門外注化にご興味がある、
もしくはご検討中の経営者・栄養部門の方々へ

当社営業担当者より食事サービス業務運営につきまして、詳しいご説明・ご提案をさせていただきます。下記リンクよりフォームをご利用いただくか、またはお客様の地域を担当する各支店までお問い合わせください。

»お問い合わせフォームはこちら »当社支店一覧はこちら