「食」の側面から医療・福祉を見つめ支える日清医療食品。ヘルスケアフードサービス業界のリーディングカンパニーです。日清医療食品株式会社

CSR/社会貢献活動の取り組み

「そうだ、熱中しよう、熱中症」第五十七話「そうだ、熱中しよう、熱中症」第五十七話

より熱中症を知ってもらうために

加齢により筋力が低下すると飲み込むときに気道を閉じることができなくなり、食べ物が気管に入りやすくなります。
嚥下障害を治療法としては、食べ物を使わない舌や口のトレーニング方法や、あごから下をマッサージして嚥下に関わる筋肉を刺激し、嚥下運動を促す嚥下反射促通手技などもあります。
日清医療食品では、噛む、飲み込むの機能の度合いに合わせた、ムース食や、モバイルプラス やわら御膳を開発しご契約先施設にて提供をしています。
また、個人向けとして、食宅便やわらかい食事の提供も実施しています。

»熱中症声かけプロジェクトについてはこちら

»運営事務局である一般社団法人日本エンパワーメントコンソーシアムについてはこちら

第57話「飲み込むには」

第57話「飲み込むには」

» キャラクター紹介についてはこちら

※熱中症予防・啓蒙について使用する場合に限り、4コマ漫画のデータはご自由にご使用ください。使用につきまして事前連絡は不要です。