「食」の側面から医療・福祉を見つめ支える日清医療食品。ヘルスケアフードサービス業界のリーディングカンパニーです。日清医療食品株式会社

CSR/社会貢献活動の取り組み

SDGs3 すべての人に健康と福祉をSDGs3 すべての人に健康と福祉を

SDGs 3 すべての人に健康と福祉を

目標 3
あらゆる年齢のすべての人々の健康的な生活を確保し、福祉を推進する
Goal 3
Ensure healthy lives and promote well-being for all at all ages

目標3 ターゲット
3.1 2030年までに、世界の妊産婦の死亡率を10万人当たり70人未満に削減する。
3.2 全ての国が新生児死亡率を少なくとも出生1,000件中12件以下まで減らし、5歳以下死亡率を少なくとも出生1,000件中25件以下まで減らすことを目指し、2030年までに、新生児および5歳未満時の予防可能な死亡を根絶する。
3.3 2030年までに、エイズ、結核、マラリアおよび顧みられない熱帯病といった伝染病を根絶するとともに肝炎、水系感染症およびその他の感染症に対処する。
3.4 2030年までに、非感染症疾患(NCD)による早期死亡を、予防や治療を通じて3分の1減少させ、精神保健および福祉を促進する。
3.5 麻薬乱用やアルコールの有害な摂取を含む、薬物乱用の防止・治療を強化する。
3.6 2020年までに、世界の道路交通事故による死傷者を半減させる。
3.7 2030年までに、家族計画、情報・教育、およびリプロダクティブ・ヘルスの国家戦略・計画への組み入れを含む、性と生殖に関するヘルスケアをすべての人々が利用できるようにする。
3.8 すべての人々に対する財政保障、質の高い基礎的なヘルスケア・サービスへのアクセス、および安全で効果的、かつ質が高く安価な必須医薬品とワクチンのアクセス提供を含む、ユニバーサル・ヘルス・カバレッジ(UHC)を達成する。
3.9 2030年までに、有害化学物質、ならびに大気、水質および土壌の汚染による死亡および病気の件数を大幅に減少させる。
3.a すべての国々において、たばこ規制枠組条約の実施を適宜強化する。
3.b 主に開発途上国に影響を及ぼしている感染性および非感染性疾患のワクチンおよび医薬品の研究開発を支援する。また、ドーハ宣言に従い安価な必須医薬品およびワクチンへのアクセスを提供する。同宣言は公衆衛生保護およびすべての人々への医薬品のアクセス提供にかかわる「知的所有権の貿易関連の側面に関する協定(TRIPS協定)」の柔軟性に関する規定を完全に行使する開発途上国の権利を確約したものである。
3.c 開発途上国、特に後発開発途上国および小島嶼開発途上国において保健財政、および保健従事者の採用、能力開発・訓練、および定着を大幅に拡大させる。
3.d すべての国々、特に開発途上国の国家・世界規模な健康リスクの早期警告、リスク緩和およびリスク管理のための能力を強化する。

【取り組み事例】

少子高齢化・多様化する食事提供の中でも持続継続可能な食事提供を実現するために

 少子高齢化、多様化する食事ニーズや社会情勢の中でも持続継続可能な食事提供を実現するために、日清医療食品では2015年3月よりクックチル方式の「モバイルプラス」の提供を開始しました。

 このモバイルプラスはセントラルキッチンで調理した食事を急速冷却し、真空パックで保存を、ご契約先事業所で再加熱もしくは和えるだけで提供可能な食事形態です。
モバイルプラス導入により事業所での人員削減の実現ができており、これから加速する少子高齢化による人手不足への対策にも繋がります。

 このモバイルプラスには医療版、福祉版があり、それぞれ、常食、全粥食、減塩食、エネルギーコントール食があります。また、2016年11月からは刻まない介護食「モバイルプラス やわら御膳」の提供や「ミキサー食」などの介護食の提供も実施しています。

 「モバイルプラス」は前身である「モバイル」という商品がありました。
 「モバイル」は常食のみを製造していましたが、ターニングポイントとして東日本大震災時に被災地での提供があります。

 電気、水道、ガスの全てのインフラが不通かつ人数も少ない中で、食事提供が実現できたことで多くの人に喜ばれました。
 この経験から今後来る少子高齢化による労働力不足の改善として、いかにご契約先事業所で活用いただけるのかを考えた結果、常食以外の食形態の製造を実現しました。

 この実現には既存のセントラルキッチンの厨房機器、企画の統一や増設を行いました。
 また、従来のセントラルキッチンではバッチ方式で製造するにはある程度の人員が必要でしたが、2017年8月に竣工したヘルスケアフードファクトリー亀岡(以下「HFF亀岡」)では大量多品種の自動化・省力化・少人化を実現。今までのセントラルキッチンでは1日1万食前後の製造が、このHFF亀岡では1日10万食の製造を可能としました。
 更に2022年5月にはHFF亀岡と同規模のヘルスケアフードファクトリー関東の建設を予定しています。

ヘルスケアフードファクトリー亀岡 説明動画について





入院前や介護施設への入所前にいつも楽しんでいた日曜日を!

 病院や施設での食事は治療の一環、健康面に配慮された食事ではありますが、日曜日に外食していたような気分を味わっていただける機会は多くありません。
 そこで、みんなが“日曜日が楽しみ”、みんなが“日曜日はわくわくする”、と感じていただけ、入院、入所していても、日曜日に外食をしていた時の気分を感じてもらうことをコンセプトとしています。

(データ的背景)
 農林水産省調査「親子における平日・休日における食生活の実態」において、親世代の全曜日のトータルの外食比率が6.9%に対し、休日昼食の外食比率が23.7%、休日夕食の外食比率が12.5%と、休日の食事に外食を選択する傾向があります。

(取り組み内容)
 農林水産省の調査データより、休日に外食を選択する割合が高いことから月2回、日曜日に外食産業とコラボした特別メニューを提供しました。

第1回 みんなの日曜日
株式会社吉野家:牛丼
株式会社モスフードサービス:ハンバーガー



第2回 みんなの日曜日
株式会社吉野家:親子丼
株式会社壱番屋:特製カレー





QOLを考えた食事提供について(ムース食・やわら御膳)

 高齢になると噛む、飲み込む能力が低下します。介護の現場での食事提供においては、食事を小さく刻んで提供する「刻み食」の提供をしていました。
 この「刻み食」は見た目もわるく、また小さく刻むことで口の中で塊りにしにくく、誤嚥をする可能性があり、口腔内が清潔に保たれていない場合、誤嚥による誤嚥性肺炎に罹る可能性があります。
 そこで、日清医療食品では、安心して食べてもらえるよう2004年からムース食、2016年からきざまない介護食「モバイルプラス やわら御膳」の提供を実施しています。
 また、誤嚥性肺炎の予防を目的とした動画配信や勉強会の開催なども実施しています。

» 高齢者食事サービス協力員へ高齢者のお食事についての研修実施した内容についてはこちら

誤嚥性肺炎啓蒙のための動画


公開アドレス: https://youtu.be/qhN7NDsSadg
(長さ6:38)
※この動画は一部の栄養科のある大学の授業でも活用いただきました。

「心臓を守る健康レシピ」実施

 日本では、高齢化により脳卒中と循環器疾患による死亡が増え、心臓疾患が第2位、脳血管疾患が第3位となり、合わせると死亡原因の25%(2017年度人口動態統計より)を占めています。
 この背景には、高齢化に加え、食生活をはじめとする生活習慣が大きく関わっています。
 「人生100年時代構想」の中、日本政府では健康寿命の延伸を進めています。
 この社会課題の解決を目的として、榊原記念病院と日清医療食品とのコラボレーション事業として心臓を守る健康レシピを2020年2月8日に実施いたしました。





新型コロナウイルス(COVID-19)感染予防対策について

 2019年11月末に発生した新型コロナウイルス(COVID-19)は世界中で感染拡大いたしました。
 日清医療食品では2020年1月21日より海外渡航の自粛や、同年1月29日に社員への手洗い、うがい、マスク着用の励行などを実施。
 2月25日には集合研修・会議等一定数が集合する集会等の中止を実施するなど感染対策を社内に向けて実施してきました。
社外に対して4月7日に手洗い動画の一般公開、6月2日に衛生マニュアルの一部を4コマ漫画にして新型コロナウイルス(COVID-19)に対しての啓蒙の実施を行いました。
 また、9月10日から12日にかけて日本赤十字社とコラボした「献血で新型コロナウイルス感染症対応支援を!」を実施しています。

手洗い動画について



(長さ:2:11)

授業で使えるキャリア教育教材「おしごと年鑑2020」に協賛

【協賛の背景】
 病院・介護福祉施設において食事提供サービスを行うには管理栄養士は重要な役割を担っています。けれども、現在小学生のなりたい職業ランキング上位において「管理栄養士」が選ばれることは少ないのが現状であり、業界として改善する必要があると日清医療食品では考えました。
 その取り組みの一つとして、授業で使えるキャリア教材である「おしごと年鑑」に協賛いたしました。
【掲載内容について】
 日清医療食品は「身近な生活につながるお仕事」の項目内にて、「病院の食事は普通の食事と何が違うの?」というタイトルで当社の取り組みを紹介しています。



※掲載誌面


献血で被災地支援キャンペーン実施

 2014年9月から日本赤十字社と連携して「献血で被災地支援」キャンペーンを実施しています。
 医療に携わる当社から何か協力できないかと相談をした所、2011年 東日本大震災から月日は経過しているが、被災地はまだまだ支援がいることを知ってもらないという日本赤十字社の担当者の声の元、年に2回限定で被災地の間伐材を利用した木でできたノベリティーを献血者に配布するキャンペーンを開始し、現在も継続した取り組みを実施しています。

日清医療食品における被災地支援について

件名 寄付金額 寄付相手先 ニュースリリース
2011年 東日本大震災 3,000万円 日本赤十字社 東北地方太平洋沖地震の被害に対する支援について
東日本大震災 物品寄付
(食品)
宮城県南三陸町
石巻市
福島県南相馬市
東日本大震災被災地への救援物資提供について
2014年 平成26年豪雪 支援物資 契約先施設 山梨県への緊急物資搬送に関して
ヘリコプターにて雪害に対する緊急配送継続実施のお知らせ
ヘリコプターにて雪害に対する都留市への緊急配送継続実施のお知らせ
東日本大震災 200万円
(物品含む)
日本赤十字社 全国初!日清医療食品と日本赤十字社がコラボして「献血で東北支援を!」キャンペーンを9月11日(木)全国の献血会場で実施
2015年 東日本大震災 200万円
(物品含む)
日本赤十字社 東日本大震災から4年 日清医療食品と日本赤十字社がコラボして「献血で東北支援を!」キャンペーン第二弾を2月20日(金)に全国の献血会場で実施
東日本大震災 200万円
(物品含む)
日本赤十字社 日清医療食品と日本赤十字社がコラボして「献血で東北支援を!」キャンペーン第三弾を9月11日(金)47都道府県の献血会場で実施
2016年 東日本大震災 200万円
(物品含む)
日本赤十字社 日清医療食品と日本赤十字社がコラボして「献血で東北支援を!」キャンペーン第四弾を2月17日(水)47都道府県の献血会場で実施
平成28年
熊本地震
支援物資 契約先施設 ヘリコプターにて熊本地区への緊急物資搬送実施のお知らせ
ヘリコプターにて熊本地区への緊急物資搬送結果について
ヘリコプターにて熊本地区(熊本県合志市)への緊急物資搬送実施のお知らせ
ヘリコプターにて熊本地区へ緊急物資搬送第三便 実施のお知らせ
平成28年
熊本地震
200万円
(物品含む)
日本赤十字社 日清医療食品と日本赤十字社がコラボして「献血で熊本支援を!」 9月12日(月)に47都道府県の献血会場で実施
2017年 平成28年
熊本地震
200万円
(物品含む)
日本赤十字社 日清医療食品と日本赤十字社がコラボして「献血で熊本支援を!」 2月9日(木)に47都道府県の献血会場で実施
平成28年
熊本地震
200万円
(物品含む)
日本赤十字社 日清医療食品と日本赤十字社がコラボして「献血で熊本支援を!」9月11日(月)に47都道府県の献血会場で実施
2018年 平成28年
熊本地震
200万円
(物品含む)
日本赤十字社 日清医療食品と日本赤十字社がコラボして「献血で熊本支援を!」 2月9日(金)に47都道府県の献血会場で実施
東日本大震災 広告出稿
(寄付含む)
河北新報
東日本大震災みやぎこども育成募金
2018年 みやぎ復興応援紙面への協賛および寄付について
平成30年7月豪雨 支援物資 契約先施設 平成30年7月西日本豪雨における影響について
平成30年7月豪雨 200万円
(物品含む)
日本赤十字社 9月11日(火)に47都道府県の献血会場で支援つきノベリティー(木の折り紙)を配布「献血で平成30年7月豪雨災害支援を!」
2019年 平成30年7月豪雨 200万円
(物品含む)
日本赤十字社 2月12日(火)に47都道府県の献血会場で支援つきノベリティー(木の折り紙)を配布「献血で平成30年7月豪雨災害支援を!」
東日本大震災 広告出稿
(寄付含む)
河北新報
東日本大震災みやぎこども育成募金
・2019年 みやぎ復興応援紙面への協賛および寄付について
平成30年7月豪雨 200万円
(物品含む)
日本赤十字社 9月11日(水)に47都道府県の献血会場で支援つきノベリティー(木の折り紙)を配布「献血で平成30年7月豪雨災害支援を!」
2020年 台風15号・19号 200万円
(物品含む)
日本赤十字社 2月10日(月)に47都道府県の献血会場で支援つきノベリティー(木の折り紙)を配布 「献血で台風15号・19号被災地支援を!」

 

仙台支店 栄養士会 ベトナムにおける診療所建設プロジェクト支援

国際NGOプラン・ジャパンの協力により診療所建設プロジェクトの支援実施。
今回のプロジェクト内容
・ ベトナム ソンティンコミューン村に診療所1棟(8部屋)建設
分娩室、産後診察室、会議室、予防接種室、治療室3部屋、漢方治療室
・ 診療所各室に必要な備品の支給
・ 診療所職員のトレーニング
・ 地域住民のトレーニング
・ 診療所に給水設備設置および井戸の建設
このプロジェクトにより、周辺の約5,000人の方が質の高い医療サービスを受けることが出来るようになりました。

※完成した診療所の外観
(写真提供:プラン・ジャパン)

・飢餓をゼロに 国連WFPとの取り組み

日清医療食品は、国連唯一の食糧支援機関であるWFP国連世界食糧計画の公式支援窓口である国連WFP協会の評議員として、飢餓撲滅の活動に2006年7月10日から参加しています。
また、WFPウォーク・ザ・ワールド、WFPチャリティーエッセイコンテストへの支援を行い、飢餓撲滅への活動に参画しています。

» WFP 国連世界食糧計画 / 国連WFP協会についてはこちら



※チャリティー・ウォーク「ウォーク・ザ・ワールド」風景(2018年) ©JAWFP

WFPウォーク・ザ・ワールドとは

途上国の子どもたちの飢餓をなくすために、国連WFPが開催するチャリティーウォークです。
参加費の一部は国連WFPの学校給食支援に役立てられます。
あなたの一歩で子ども達の未来が広がります。

WFPチャリティーエッセイコンテストとは

応募1作品につき、給食3日分(90円)が、寄付協力企業のご協力により国連WFPに寄付され、学校給食支援に役立てられます。
この寄付協力企業の1社として日清医療食品は参加しています。

Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)における取り組みについて

SDGs
SDGs1貧困をなくそう SDGs2飢餓をゼロに SDGs3全ての人に健康と福祉を SDGs4質の高い教育をみんなに SDGs5ジェンダー平等を実現しよう SDGs6安全な水とトイレを世界中に
SDGs7エネルギーをみんなに そしてクリーンに SDGs8働きがいも 経済成長も SDGs9産業と技術革新の基盤をつくろう SDGs10人や国の不平等をなくそう SDGs11住み続けられる街づくりを SDGs12つくる責任つかう責任
SDGs13気候変動に具体的な対策を SDGs14海の豊かさを守ろう SDGs15陸の豊かさも守ろう SDGs16平和と公平をすべての人に SDGs17パートナーシップで目標を達成しよう