「食」の側面から医療・福祉を見つめ支える日清医療食品。ヘルスケアフードサービス業界のリーディングカンパニーです。日清医療食品株式会社

CSR/社会貢献活動の取り組み

SDGs15 陸の豊かさも守ろうSDGs15 陸の豊かさも守ろう

SDGs 15 陸の豊かさも守ろう

目標 15
陸上生態系の保護、回復および持続可能な利用の推進、森林の持続可能な管理、砂漠化への対処、土地劣化の阻止および逆転、ならびに生物多様性損失の阻止を図る
Goal 15
Protect, restore and promote sustainable use of terrestrial ecosystems, sustainably manage forests, combat desertification, and halt and reverse land degradation and halt biodiversity loss

目標15 ターゲット
15.1 2020年までに、国際協定の下での義務に則って、森林、湿地、山地、および乾燥地をはじめとする陸域生態系と内陸淡水生態系およびそれらのサービスの保全、回復、および持続可能な利用を確保する。
15.2 2020年までに、あらゆる種類の森林の持続可能な管理の実施を促進し、森林破壊を阻止し、劣化した森林を回復し、世界全体で植林と森林再生を大幅に増加させる。
15.3 2030年までに、砂漠化に対処し、砂漠化、干ばつ、および洪水の影響を受けた土地などの劣化した土地と土壌を再生し、土地劣化ニュートラルな世界の達成に尽力する。
15.4 2030年までに生物多様性を含む山地生態系の保全を確保し、持続可能な開発にとって不可欠な便益をもたらす能力を強化する。
15.5 自然生息地の劣化を抑制し、生物多様性の損失を阻止し、2020年までに絶滅危惧種を保護および絶滅防止するための緊急かつ重要な対策を講じる。
15.6 国際合意に従って、遺伝資源の活用による便宜を公正かつ公平に共有できるよう推進するとともに、遺伝資源への適切なアクセスを推進する。
15.7 保護の対象となっている動植物種の密漁および違法な取引を撲滅するための緊急対策を講じ、違法な野生生物製品の需要・供給に対処する。
15.8 2020年までに、侵略的外来種の移入を防止し、これによる陸・海洋生態系への影響を大幅に減少させる。対策優先種の駆除または排除を行うための対策を導入する。
15.9 2020年までに、生態系と生物多様性の価値を、国家・地域の計画策定、開発プロセスおよび貧困軽減戦略、ならびに会計に組み込む。
15.a 生物多様性と生態系の保全と持続的な利用のために、あらゆる供給源からの資金の動員および大幅な増加を行う。
15.b あらゆるレベルにおいてあらゆる供給源から多大な資源を動員して持続可能な森林管理の資金を調達する。また、開発途上国に対して適切なインセンティブを提供し、保全や森林再生などの持続的な森林管理の向上を図る。
15.c 地域コミュニティの能力向上を通じた持続的な生計機会の追及などにより、保護種の密猟および違法な取引を撲滅するための取り組みに対する世界的支援を強化する。

【取り組み事例】

献血で被災地支援キャンペーン実施

 2014年9月から日本赤十字社と連携して「献血で被災地支援」キャンペーンを実施しています。
 医療に携わる当社から何か協力できないかと相談をした所、2011年 東日本大震災から月日は経過しているが、被災地はまだまだ支援がいることを知ってもらないという日本赤十字社の担当者の声の元、年に2回限定で被災地の間伐材を利用した木でできたノベリティーを献血者に配布するキャンペーンを開始し、現在も継続した取り組みを実施しています。

日清医療食品における被災地支援について

件名 寄付金額 寄付相手先 ニュースリリース
2011年 東日本大震災 3,000万円 日本赤十字社 東北地方太平洋沖地震の被害に対する支援について
東日本大震災 物品寄付
(食品)
宮城県南三陸町
石巻市
福島県南相馬市
東日本大震災被災地への救援物資提供について
2014年 平成26年豪雪 支援物資 契約先施設 山梨県への緊急物資搬送に関して
ヘリコプターにて雪害に対する緊急配送継続実施のお知らせ
ヘリコプターにて雪害に対する都留市への緊急配送継続実施のお知らせ
東日本大震災 200万円
(物品含む)
日本赤十字社 全国初!日清医療食品と日本赤十字社がコラボして「献血で東北支援を!」キャンペーンを9月11日(木)全国の献血会場で実施
2015年 東日本大震災 200万円
(物品含む)
日本赤十字社 東日本大震災から4年 日清医療食品と日本赤十字社がコラボして「献血で東北支援を!」キャンペーン第二弾を2月20日(金)に全国の献血会場で実施
東日本大震災 200万円
(物品含む)
日本赤十字社 日清医療食品と日本赤十字社がコラボして「献血で東北支援を!」キャンペーン第三弾を9月11日(金)47都道府県の献血会場で実施
2016年 東日本大震災 200万円
(物品含む)
日本赤十字社 日清医療食品と日本赤十字社がコラボして「献血で東北支援を!」キャンペーン第四弾を2月17日(水)47都道府県の献血会場で実施
平成28年
熊本地震
支援物資 契約先施設 ヘリコプターにて熊本地区への緊急物資搬送実施のお知らせ
ヘリコプターにて熊本地区への緊急物資搬送結果について
ヘリコプターにて熊本地区(熊本県合志市)への緊急物資搬送実施のお知らせ
ヘリコプターにて熊本地区へ緊急物資搬送第三便 実施のお知らせ
平成28年
熊本地震
200万円
(物品含む)
日本赤十字社 日清医療食品と日本赤十字社がコラボして「献血で熊本支援を!」 9月12日(月)に47都道府県の献血会場で実施
2017年 平成28年
熊本地震
200万円
(物品含む)
日本赤十字社 日清医療食品と日本赤十字社がコラボして「献血で熊本支援を!」 2月9日(木)に47都道府県の献血会場で実施
平成28年
熊本地震
200万円
(物品含む)
日本赤十字社 日清医療食品と日本赤十字社がコラボして「献血で熊本支援を!」9月11日(月)に47都道府県の献血会場で実施
2018年 平成28年
熊本地震
200万円
(物品含む)
日本赤十字社 日清医療食品と日本赤十字社がコラボして「献血で熊本支援を!」 2月9日(金)に47都道府県の献血会場で実施
東日本大震災 広告出稿
(寄付含む)
河北新報
東日本大震災みやぎこども育成募金
2018年 みやぎ復興応援紙面への協賛および寄付について
平成30年7月豪雨 支援物資 契約先施設 平成30年7月西日本豪雨における影響について
平成30年7月豪雨 200万円
(物品含む)
日本赤十字社 9月11日(火)に47都道府県の献血会場で支援つきノベリティー(木の折り紙)を配布「献血で平成30年7月豪雨災害支援を!」
2019年 平成30年7月豪雨 200万円
(物品含む)
日本赤十字社 2月12日(火)に47都道府県の献血会場で支援つきノベリティー(木の折り紙)を配布「献血で平成30年7月豪雨災害支援を!」
東日本大震災 広告出稿
(寄付含む)
河北新報
東日本大震災みやぎこども育成募金
・2019年 みやぎ復興応援紙面への協賛および寄付について
平成30年7月豪雨 200万円
(物品含む)
日本赤十字社 9月11日(水)に47都道府県の献血会場で支援つきノベリティー(木の折り紙)を配布「献血で平成30年7月豪雨災害支援を!」
2020年 台風15号・19号 200万円
(物品含む)
日本赤十字社 2月10日(月)に47都道府県の献血会場で支援つきノベリティー(木の折り紙)を配布 「献血で台風15号・19号被災地支援を!」

 

森林保全活動

日清医療食品を含むワタキューグループでは、地球環境への取り組みを事業に関わる重要な課題ととらえ、環境保全への貢献とともに、自然体験を通じて地球環境への意識を高めることを目的に管理社員研修に、富士山麓の清掃活動と大正池森林保全活動を実施しています。
また、ワタキューグループの社員、家族も参加しております。



Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)における取り組みについて

SDGs
SDGs1貧困をなくそう SDGs2飢餓をゼロに SDGs3全ての人に健康と福祉を SDGs4質の高い教育をみんなに SDGs5ジェンダー平等を実現しよう SDGs6安全な水とトイレを世界中に
SDGs7エネルギーをみんなに そしてクリーンに SDGs8働きがいも 経済成長も SDGs9産業と技術革新の基盤をつくろう SDGs10人や国の不平等をなくそう SDGs11住み続けられる街づくりを SDGs12つくる責任つかう責任
SDGs13気候変動に具体的な対策を SDGs14海の豊かさを守ろう SDGs15陸の豊かさも守ろう SDGs16平和と公平をすべての人に SDGs17パートナーシップで目標を達成しよう