「食」の側面から医療・福祉を見つめ支える日清医療食品。ヘルスケアフードサービス業界のリーディングカンパニーです。日清医療食品株式会社

CSR/社会貢献活動の取り組み

栃木市千塚に日産10万食の新工場建設|栃木市役所での会見レポート栃木市千塚に日産10万食の新工場建設|栃木市役所での会見レポート

掲載日:2020年04月06日
ステークホルダー : 地域社会
キーワード : セントラルキッチン パートナーシップ

栃木市千塚に日産10万食の新工場建設|栃木市役所での会見レポート

日清医療食品は病院・介護福祉施設向け、給食受託会社のリーディングカンパニーとしての透明性の高い経営にするため、すべてのステークホルダーの皆様に対し、積極的かつ公平・迅速な情報開示に努めています。

 また、当ホームページではWebの特性を活かし、双方向のコミュニケ―ションツールとして、CSRへの取り組みの最新情報を随時公開しています。

 今回、3月26日に栃木市役所 記者会見室にて実施しました土地売買契約締結式記者会見のレポートを公開いたします。

» ステークホルダーとの対話一覧についてはこちら

栃木市長大川 秀子様と菅井社長

栃木市長大川 秀子様と菅井社長

(記者会見マスク時)


※登壇者について写真撮影時のみマスクをはずしております。

会見開始時の模様

(当日出席者について)


 栃木市
  栃木市 市長 大川 秀子様
  栃木市 副市長 南斉 好伸様
  栃木市 産業振興部長 福原 誠様
  栃木市 産業振興部 産業基盤整備課長 澁江 和弘様
  栃木市 産業振興部 産業基盤整備課 企業立地係長 江部 清孝様
  栃木市 産業振興部 産業基盤整備課 企業立地係 石塚 智史様

日清医療食品株式会社
 代表取締役社長  菅井 正一
 取締役副社長   山田 英男
 常務取締役 村田 宝志
 北関東支店支店長 佐藤 信広
 営業本部セントラルキッチン部 課長 関根 弘明
 営業本部セントラルキッチン部 係長 黒川 幸一
 総務本部総務部広報課 主任 神戸 修

(当日の次第)


1.出席者紹介
2.土地売買契約書締結
3.写真撮影
4.栃木市挨拶 栃木市長大川 秀子様
5.日清医療食品株式会社挨拶 代表取締役社長 菅井 正一
6.質疑応答

【栃木市挨拶(栃木市長大川秀子様)】

栃木市 市長 大川 秀子様

会見で挨拶される栃木市 市長 大川 秀子様

 本日、栃木市は、日清医療食品株式会社と土地売買契約を正式に締結いたしました。この場をお借りしまして関係された皆様に厚く御礼申し上げます。

 進出される千塚産業団地は、本市が施工し、平成29年に完成した、とても新しい産業団地であります。

 東北自動車道栃木ICから2.5kmという位置にありながら自然豊かで緑が多い抜群の環境が整った、栃木市が自信を持って分譲する産業団地で伸び伸びと事業活動を行っていただきたいと考えております。

 日清医療食品株式会社におかれましては、ヘルスケアフードのリーディングカンパニーとして安心・安全であることはもちろん、「心」のこもった食のサービスを、365日欠かすことなく提供し続けるという社会的使命感をもとに企業活動を行っており、心より敬意を表します。

 これまでも既に栃木市内の複数の福祉施設において給食のサービスを行っていただいておりますが、この度は日清医療食品株式会社のヘルスケアフードファクトリーを栃木市に立地されるということで、これまで以上に生産の規模や能力が向上し、この工場が東日本の拠点となることを大いに期待しております。

 また、このようなブランド力のある大きな実績を持った企業の生産拠点がこの栃木市にあるということは市民の誇りであり、地域経済の活性化に大きく貢献することは間違いありません。

 本市は、小江戸と親しまれ歴史のある街並みと、太平山や渡良瀬遊水地などの豊かな自然を併せ持つ街でありますが、近年は移住者向け専門誌が実施している「住みたい田舎ベストランキング」において、様々な世代から高い評価をいただくなど、これまで進めてきたまちづくりの成果が徐々に表れ始めております。

 日清医療食品株式会社の進出は雇用の拡大を生むなど、定住促進の更なる追い風となるものであり、改めて、本市に新工場を立地していただくことに、心から感謝を申し上げます。

 結びに、日清医療食品株式会社の益々のご発展と、本日ご参集の皆様のご健勝とご多幸を心から祈念いたしまして、あいさつとさせていただきます。

【日清医療食品 菅井社長挨拶】

日清医療食品 代表取締役社長 菅井正一

会見で挨拶する菅井社長

 本日は、ご多忙の中、当社のヘルスケアフードファクトリー関東(仮称) 土地売買契約締結式にお集まりいただき、誠にありがとうございます。

 今回の土地売買の契約は栃木市をはじめとする関係者の皆さまのご協力のおかげで実現できました。この場を借り厚く御礼申し上げます。

 私どもは医療・福祉施設で食事サービスの提供をしており、全国約5,300ヵ所の拠点で一日約130万食を提供しており、病院での食事提供では約30%のシェアがあります。

 この業界は高齢化にともないニーズは高い状態ですが、同時に労働人口の減少という課題を抱えています。私ども日清医療食品では、この課題解決策の一つとして、セントラルキッチンの増強を進めております。

 セントラルキッチン増強の背景ですが、私どもは医療・介護での食事提供を行う業界のリーディングカンパニーとして、社会的にも、また事業継続をする上でも、大きな責任を担う企業であります。

 従来はご契約先の厨房で調理することが主流でしたが、労働人口減少で経営状況が厳しい中事業を継続するには、セントラルキッチン方式による食事提供のビジネスモデルの拡大が必要と判断しました。

 2017年12月には、京都府亀岡市に1日10万食を製造できる大量多品種の自動化を実現したヘルスケアフードファクトリー亀岡を操業し、現在順調に稼動しております。



※ヘルスケアフードファクトリー亀岡紹介動画


 ただ、このヘルスケアフードファクトリー亀岡は西日本エリアを網羅する工場として位置しており、東日本エリアを対応するセントラルキッチンとしては、埼玉県の岩槻に日産1万4千食を製造できるセントラルキッチンのみでした。

 そのため、東日本を網羅できる大規模なセントラルキッチンの設立を企画致しましたが、様々なご縁があり、この栃木県栃木市千塚産業団地に進出させていただくことを決定しました。

 栃木市千塚の選定理由として、栃木市千塚産業団地は東北自動車道と北関東自動車道の接続が行われる場所である栃木インターから約2.5Kmの位置にあり、全国主要都市へのアクセスが容易であることや、過去のデータから栃木は自然災害の影響が少ない県であること、栃木県内の産業、人口など包括的に判断させていただきました。

 新工場を運営するにはフル稼働時で300名近くの社員が必要になります。地元住民の方をはじめ近隣地域の方々を採用させていただき、栃木市の雇用拡大に少しでも貢献させていただく所存です。

 今後も栃木市の皆様方と強い絆で結ばれ、日本の医療・福祉を支える一員としてより一層の努力を重ねて参る所存でありますので、今後ともご指導賜りますようお願い申し上げます。
 
 最後になりましたが、建設工事期間中におきましては、ご迷惑をおかけいたしますこと、お詫びを申し上げますとともに、ご臨席の皆様方のご健勝を心よりお祈り申し上げまして、私の挨拶とさせていただきます。
 本日は、誠にありがとうございました。

計画概要

名称
ヘルスケアフードファクトリー関東(仮称)
所在地
栃木市千塚産業団地内
敷地面積
24,134.13㎡
建物面積
18,000㎡
工事開始予定日
2021年1月
操業開始予定日
2022年5月
製造商品
医療・福祉施設で提供する一般食、治療食
製造数
約10万食/日
採用計画
300名採用予定(地元採用枠:300名)
(内訳 正社員採用:100名 臨時社員:200名)

 

セントラルキッチン施設概要

施設名
最大提供食数
敷地面積
設立年
ヘルスケアフードサービスセンター岩槻
(埼玉県さいたま市)
14,000食/日 2,213.73㎡ 2001年2月
ヘルスケアフードサービスセンター名古屋
(愛知県尾張旭市)
5,500食/日 3,326.91㎡ 2006年2月
ヘルスケアフードサービスセンター京都
(京都府亀岡市)
10,000食/日 4,639.09㎡ 2015年8月
ヘルスケアフードサービスセンター九州
(佐賀県神埼市)
10,000食/日 5,613.00㎡ 2010年4月
ヘルスケアフードファクトリー亀岡
(京都府亀岡市)
100,000食/日 26,432.47㎡ 2017年8月

【記者会見時の新型コロナウイルス(COVID-19)対策について】

 日清医療食品では、2020年2月25日より全社員に対して出社前・出社後の2回において検温を実施し社員の健康管理を行っています。

 3月26日、栃木市役所土地売買契約締結式に出席した日清医療食品側の参加者においても出社前、出社後の検温の実施をすると共に、会場内に入る前にも検温を実施し確認しています。

 また、公共交通機関を使用する際にはマスク着用を励行しており、今回の会見場である栃木市役所までの移動に関しても登壇者ならびに参加者はマスク着用を実施しています。

 会見の登壇者・参加者ならびにメディア関係者の皆様には、

・会見場内に立ち入る前に非接触型の体温計にて検温および記録
・手を洗浄していただいた上で、会見場外にて手のアルコール消毒
・会見場においてマスク着用
・会見時において可能な範囲で各人の距離を開ける
・会見時間を30分以内とする

以上の5点を実施いたしました。

※所属・役職名は会見時になります。会見日:3月26日

» ステークホルダーとの対話一覧についてはこちら

関連記事

ヘリポート夜間照明の開発について

ヘリポート夜間照明の開発について

インタビュー:4社協働記者会見
(ヘリポート夜間照明開発プロジェクト)

2020年03月13日更新

マンガマーケティング®を広告コミュニケーションのスタンダードに

マンガマーケティング®を広告コミュニケーションのスタンダードに

インタビュー:田所 洋平様
(株式会社 シンフィールドアカウントプランナー)

2019年10月07日更新

平成の振り返り 災害における対応について

平成の振り返り 災害における対応について

インタビュー:菊池 勇人様
(日本赤十字社事業局 救護・福祉部 参事)

2019年09月02日更新

平成の振り返り Webでの炎上 過去と未来について

平成の振り返り Webでの炎上 過去と未来について

インタビュー:國松 諒様
(株式会社エルテスリスクコンサルティング部 部長)

2019年08月19日更新

ハラスメントフリーな職場づくりを

ハラスメントフリーな職場づくりを

インタビュー:西本智子様
(株式会社クオレ・シー・キューブ取締役 シニアコンサルタント MBA(経営情報学修士))

2019年07月01日更新

平成の振り返りと令和時代が目指す管理栄養士について

平成の振り返りと令和時代が目指す管理栄養士について

インタビュー:小川綾子様
(Eatreat株式会社管理栄養士/イートリスタ)

2019年06月10日更新