「食」の側面から医療・福祉を見つめ支える日清医療食品。ヘルスケアフードサービス業界のリーディングカンパニーです。日清医療食品株式会社

CSR/社会貢献活動の取り組み

大切な場所には、きっと大切な場所には、きっと

掲載日:2019年04月22日
ステークホルダー : お取引先
キーワード : パートナーシップ 食の安全・安心

大切な場所には、きっと|シーバイエス株式会社 フードサービス事業本部 ケータリング開発部 部長 佐藤基様にインタビュー

 日清医療食品は病院・介護福祉施設向け、給食受託会社のリーディングカンパニーとしての透明性の高い経営にするため、すべてのステークホルダーの皆様に対し、積極的かつ公平・迅速な情報開示に努めています。

 また、当ホームページではWebの特性を活かし、双方向のコミュニケ―ションツールとして、CSRへの取り組みの最新情報を随時公開しています。

 日清医療食品ではステークホルダーエンゲージメントを、社会課題の解決の手法や組織の決定に関する基本情報を提供する目的として、組織と一人以上のステークホルダーとの間に対話の機会を作り出すために試みられる活動と捉えています。

 今回、当社のご契約先事業所やセントラルキッチンでの洗浄と衛生面をサポートしていただいている、シーバイエス株式会社 フードサービス事業本部 ケータリング開発部 部長 佐藤基様にインタビューいたしました。

» シーバイエス株式会社のHPについてはこちら

» ステークホルダーとの対話一覧についてはこちら

シーバイエス株式会社 フードサービス事業本部 ケータリング開発部 部長 佐藤基様

インタビューに答えていただいたシーバイエス株式会社 フードサービス事業本部 ケータリング開発部 部長 佐藤基様

Q.シーバイエスについて教えてください。


【120年の軌跡と価値ある統合】


 私たちはフードサービス、ビルメンテナンス、リテール、ホテル・宿泊施設、飲料・食品工場、医療施設、公共施設など様々な製造工程における、クリンリネスとサニテーション分野での製品、サービスの提供を行っています。

 米国ジョンソン社の業務用部門日本法人であるジョンソン・プロフェッショナルを母体に、ティーポール社、ディバーシーリーバ、大三工業と統合し事業領域を拡大してきました。

【社名の由来】


 現在のシーバイエスという社名は2014年7月1日に変更を行いました。これはクリンリネス(CLEANLINESS)とサニテーション(SANITATION)という私たちの原点を追及し高め、イノベーションカンパニーとしてお客様に価値ある製品・サービスを開発・提供し、独自のブランドを確立していくことから「シーバイエス株式会社(C×S Corporation)」と社名を改めました。

・CLEANLINESS × SANITATION
・CHANGE × SPEED
・CUSTOMER × SATISFACTION

【事業内容について】


・ケータリング/メディカル給食・学校給食・事業所給食・エアケータリング
 社員食堂や病院給食などで多くの方に「安全」「安心」な食事を提供するために必要な環境つくりをサポートします。
 お客様のニーズに合ったクリンリネス&サニテーションシステムを構築し、衛生的かつ快適な環境づくりに貢献します。

・フードサービス/外食
 よりきれいで衛生的な環境を作ることで「安心」を提供。
 「安心」はお客様の笑顔となりくつろぎの空間となります。
 私たちは、常にお客様の声に耳を傾け寄り添い続けます。

・ヘルスケア・医療
 清潔で衛生的な病院や介護施設を運営するには「安全」「安心」のための衛生管理システムが必要になります。私たちの衛生管理に関する豊富な経験を活かし、最新のクリーニングシステムなど、製品のみならず、清掃システム含めて総合的にサポート

・ビルメンテナンス
 安全で美しい生活を作るには、高品質で環境に配慮されたクリンリネス製品およびメンテナンスプログラムを提供することで、お客様の建物、空間を快適にします。品質インスペクションや労務効率などを含む建物清掃コストの最適化などでサポート。

・リテール/大型商業施設、スーパーマーケット
 常に清潔に輝くお店、鮮度を売り場に演出します。クリンリネス製品とサニテーション製品、特殊サービス、トレーニング、衛生検査などトータルでサポート。

・ホテル・宿泊施設
 ホスピタリティ溢れる空間を更に美しいものにします。
 快適なホテル・宿泊施設には「きれい」「安全」「安心」が欠かせません。
 そのお手伝いをクリンリネス&サニテーションシステムで行います。

・食品工場
 食品工場におけるサニテーションの最適化に向けたご提案をすることで、消費者の方に安心して購入、使用いただける製品作りをお手伝いします。

ヘルスケアフードファクトリー 内部

Q.日清医療食品との接点について教えてください。


【ティーポール時代から】


 外食産業の業務用洗剤の販売会社であったティーポール時代からお取引させていただいております。

 日清医療食品様が全国でご契約されている施設の厨房での食器の洗浄や衛生面でのサポートをさせていただいています。

 当社と東京サラヤ株式会社様と連携して対応をさせていただいております。具体的対応としては以下のとおりになります。

*食器洗浄機用洗剤および食器洗浄機の定期的なメンテナンス
*衛生講習会の実施・サポート(夏場前に夏場の食中毒対策・11月以降のノロウィルス増加傾向に合わせた対策講習会)
*新入社員研修 *衛生委員会 *チーフ会議 *各事業所・病院への研修。
*セントラルキッチン、衛生管理室様とは衛生監査結果など協議させて頂き、衛生調査対応。

【商品開発】


 日清医療食品様の社員構成は女性が多いため、重い業務用洗剤では使用しにくいという依頼がありました。

 例えば、液体濃縮「デターファインコンクLM・LA」という濃縮食器洗浄機用洗剤では、従来製品の1/2の濃度で発揮することができるため、労働軽減、省スペースを実現できました。業務効率化のために様々な開発をさせていただいています。

 医療分野への製品としては、細菌やウイルス除去に優れた新技術「4.25%加速化過酸化水素(AHP)」を採用した「オキシヴィルシリーズ」を発売。

 希釈して使用する液体と簡単に使える紙に含侵させたワイプという形状で衛生的な室内環境をご提供できます。

 製品の開発については除菌力や洗浄力などすべて数値化・エビデンスを提出できるようにしています。

 また、2018年の6月のHACCP制度化にともないHACCP支援プログラム「HACCPTeck」を提供しております。

【サポート】【IoT+WEB】【ツール】【トレーニング】の4つを特徴とし展開することで、安全な食品の提供だけでなく店舗や事業所の運用管理体制の強化や社員の育成までをトータルにサポートすることが可能になります。

【環境への配慮】


 製品は河川や湖沼の富栄養化の原因と言われるリン酸塩を含んでいないことはもちろん、業界で初めて中性タイプの洗浄機用洗剤を開発いたしました。

 資材については古紙を75%以上配合した ダンボール、ダイオキシンを発生しないポリエチレンを使用するなど環境面においても注力しています。

Q.日清医療食品に求めることがあれば教えてください。


【日清医療食品の衛生面について】


 日清医療食品㈱様の衛生に対する取り組み方は組織力によって行われております。

 除菌しながら洗浄できる洗剤の導入は最も早く標準化されました。最近ではウイルス対応のアルコールも導入いただきました。

 これら新しい製品の事業所様導入に関する情報伝達力が早くさらに正確となっております。

 この組織力は他の給食会社に真似することはできません。強靭な衛生体制の源となっていると考えております。

【求めることについて】


 私たち洗剤メーカーの製品は事業所様の厨房が存在して初めて成り立ちます。

 さらに現場にお伺いして新しい商品や新しい使い方をご提案させていただきたいと考えております。

 今後は洗浄や衛生の情報交換を実施しながら商品の開発が出来ます様ご協力いただければ幸いです。   

 また、弊社は、2018年10月31日付で株主が㈱諸星ホールディングスに変更となりました。

 物流を含めたご提案でより一層皆様お役にたてる企業になることをお約束申し上げます。



※所属・役職名はインタビュー時になります。インタビュー日:4月10日

» ステークホルダーとの対話一覧についてはこちら

関連記事

平成の振り返りと令和時代が目指す管理栄養士について

平成の振り返りと令和時代が目指す管理栄養士について

インタビュー:小川綾子様
(Eatreat株式会社管理栄養士/イートリスタ)

2019年06月10日更新

伝わるカタチをデザインする

伝わるカタチをデザインする

インタビュー:上平泰輔様
(株式会社大伸社コミュニケーションデザインCEO 代表取締役)

2019年05月20日更新

社会に飛び立つ人に寄り添う

社会に飛び立つ人に寄り添う

インタビュー:髙橋 多佳子様
(一般社団法人 青少年自助自立支援機構理事)

2019年05月07日更新

グループでのシナジー効果を

グループでのシナジー効果を

インタビュー:村田竜一様
(株式会社フロンティア取締役 経営企画室 室長)

2019年01月07日更新

管理栄養士・栄養士の活躍を応援

管理栄養士・栄養士の活躍を応援

インタビュー:和田 宏美様
(Eatreat株式会社管理栄養士)

2018年12月05日更新

企業の課題に連携を

企業の課題に連携を

インタビュー:篠崎隆一様
(一般社団法人情報連携推進機構プロジェクト推進ディレクター)

2018年09月18日更新