Interview

営業として、お客様からの
「おいしい」を引き出す
最適な提案を導く。

営業(給食受託業務)

関西支店 営業部
2018年入社
経済学科卒

医療給食という業界を目指した
きっかけを教えてください。

自分自身が食べることが好きだったということもあり、就職活動時は食を軸に企業を探していました。そのなかで、この業界を選んだのは、能動的ではない形での食事サービスの提供に興味を惹かれたから。レストランなら自分が食べたいものを選びますが、病院・施設の利用者の方は、食べたいものを食べられるわけではありません。だからこそ、食事を本当に楽しみにしていらっしゃいますし、そうした方々のための食事メニューを提案できる営業って楽しそうだなと思えたのです。

その中で、日清医療食品に
入社を決めた理由は?

選考を通じてお会いした人事部やOGの方々を見て、規模が大きく社員も多い会社なのに、社員同士の距離が近いことに共感できたからです。入社後も、期待以上に上司や先輩たちのサポート体制が厚くて、ありがたい環境で働かせていただいているなと感じています。

営業の具体的な仕事内容に
ついて教えてください。

医療福祉施設に向けて、給食の業務委託を新規で提案し、受注につなげていくのが営業の役割です。担当エリア内で、まだ当社とのお取引がない約200件のお客様先に、アポイントを取ってご挨拶するところからが営業のスタート。そこからお客様へのヒアリングを通して、提案機会を伺い、提案後は契約を結べるようにクロージングをしていく、というのが大きな仕事の流れです。

1日の訪問件数は飛び込み(受付に挨拶をして名刺を置かせていただく)を入れれば約10件前後。提案推進物件が多くなれば、提案内容の作成に割く時間が多くなりますので、日によってはアポイント1件で午後は社内で提案資料作成に没頭するというときもあります。

お客様の課題やニーズは どのようにして引き出すのですか?

何気ない会話の中でお客様自身が気付いていない課題を引き出し、提案に結びづけるのが私の仕事。たとえば、現状のコストや食事サービスの質や体制など、お客様が当たり前だと思っていても、当社であれば改善できる点がたくさんあるな、と感じることは多々あります。訪問で気づいたことをまずは社内に持ち帰り、どのような提案できるかを、営業部の上司や、スーパーバイザー(以下、SV)の方に相談しながら決めていくのです。

提案をする際に心掛けている点は?

リーディングカンパニーであることや歴史や実績など、まずは日清医療食品がどのような会社かをしっかり認識してもらうこと。そして、衛生管理面や緊急時の対応面、実際の食事サービスの質の高さなど、お客様に「ここなら安心してお任せできる」と思っていただける切り口を意識して提案書を作成していきます。もちろん、お客様によって課題は異なりますので、提案書はそれぞれ切り口とか内容を変えてオーダーメイドで作成します。また、「自信を持って提案をしています」という印象が伝わるように、私自身の見せ方にも常に気を配っていますね。

印象に残っているエピソードを 教えてください。

初めてご契約をいただいたお客様とのエピソードです。営業配属当初は、実際に提案資料を作成しようとしても、経験が圧倒的に足りないこともあり、どこから手を付けていいか全くわからない。また、ビジネスである以上、コスト面との整合性を取ると「やりたいことばかりを提案に詰め込めるわけにはない」という壁に当たりました。その際に手を差し伸べてくれたのが、当時の上司や先輩の方々です。皆が親身になって提案資料の作成に関わってくれた上に、提案にも同行していただき、結果としてお客様からご契約をいただけたときは、言葉では表せないぐらいうれしかったですね。運営スタート後、患者さんから「食事がとても美味しくなった」という声を聞けたときは、本当にこの仕事を選んでよかったと思えた瞬間でした。

受注後は営業としてどのように動くのですか?

契約締結後、1食目の食事を出すところまでが担当営業としての仕事の一つの区切りとなります。その後は、現場の管理をSVに引き継ぐのですが、お客様と一番最初に接点を持ったのは私たち営業ですので、月に数回の訪問は欠かさず、契約先の状況を把握するように心がけています。

新規営業の大変さや難しさ、
やりがいについて教えてください。

提案は毎回成功するわけではないので、結果的に力になれなかったときは落ち込むこともあります。でも、そこで終わりじゃないのが営業のやりがいでもある。関係性を切らさずにおけば、しばらく提案機会に恵まれなかったお客様から急に「相談に乗ってほしい」と連絡をいただけることもあるのです。

また、私がお話しを伺うのは、院長先生や理事長様といった経営陣の方もいらっしゃいます。純粋にお話しを伺っているだけで勉強になりますし、この仕事してなければお会いできなかった方々と関係性を作れるのも、この仕事の醍醐味と言えますね。

Interview

INTERVIEW

#01

営業(給食受託業務)

祖父の笑顔を原体験に、
医療・福祉施設の課題を引き出し、
解決していく。

近畿支店 営業部
2017年入社
社会福祉学科卒

INTERVIEW

#02

営業(給食受託業務)

営業として、
お客様からの「おいしい」を引き出す
最適な提案を導く。

関西支店 営業部
2018年入社
経済学科卒

INTERVIEW

#03

スーパーバイザー

監督的立ち位置で、
事業所運営を行い、
お客様の期待に応える。

東京支店 管理部 業務2課
2015年入社
国際関係学科卒

INTERVIEW

#04

スタッフ

営業、SVの経験を活かし、
営業推進部隊として、
全社を引っ張る存在に。

本社 営業本部 営業企画部
2009年
動物資源科学科卒

INTERVIEW

#05

スタッフ

現場を知る
若手ならではの発想で、
よりよい職場環境づくりに向き合う。

人事部 労務課
2014年入社
生命情報工学科卒