About

新たな食事提供を形にする
「セントラルキッチン」

セントラルキッチンとは

セントラルキッチンとは、病院・介護施設などで提供している大量多品種の調理を1カ所で行う施設です。食品衛生管理の徹底、専門の栄養士の効率的配置を行うことで、ご契約先事業所での作業の効率化や、一定品質の商品の安定提供を可能にしています。労働力不足を背景に、ご契約先の事務所でも、セントラルキッチンを活用した食事提供が多くなってきており、今後ますますそのニーズは高まるものと考えています。

ヘルスケアフードサービスセンターの提供方法『クックチル』のメリット

均一で高品質な
食事が提供可能

衛生管理の
徹底が可能

煮物等味が
よくしみ込む

作業時間の
平準化

「モバイルプラス」は、毎日のお食事をセントラルキッチンにてクックチル方式により調理し、日清医療食品のご契約先事業所へ配送する食事サービスです。 従来、病院や施設の厨房で行っていた、献立作成・発注・検収・下処理・調理等の業務をセントラルキッチンが担うことにより、効率化を向上。厨房での作業は、再加熱・和える等の簡単調理のみ。少ない労働力で医療・福祉ともに喫食者に合わせた食事提供を可能にしました。