複数の事業所を経験し、
栄養士として、チーフとして、
自分らしいキャリアアップを。

転職を決めたきっかけを教えてください。

卒業後は、地元青森の保育園に就職し、栄養士として働いていました。やりがいがある一方で、直営施設という体制の都合上、栄養士に関係のない業務も多く、もっともっと栄養士としての経験を積みたいという想いが強くなり転職を検討し始めたのです。勤務地においても地元にこだわらず、幅を広げるという意味でも上京も視野に入れました。

―入社理由とこれまでのキャリアを教えてください―入社理由とこれまでのキャリアを教えてください

その中で、日清医療食品を選んだ理由を教えてください。

直営施設でない企業を探していくなかで、日清医療食品を知り、偶然にも友人が栄養士として働いていたのです。そして、職場や仕事内容の話を聞いて、私が求めている環境であると実感しました。保育園で勤務していたときは、メイン業務は厨房での調理。日清医療食品では、事業所の中心として、献立作成や食材発注なども求められると聞き、純粋に楽しそうだなと思えたのです。また、オンとオフのメリハリがしっかりしていることや充実した福利厚生制度なども決め手となりました。

入社後のキャリアを教えてください。

入社後は、特別養護老人ホームに配属となりました。食種や食数、調理業務などをしっかりと頭に入れ、ベテランのパート社員さんと協力しながら施設運営のイロハを学んでいきました。当初は中途入社ということで「早く認められないといけない」という焦りもあったのですが、チームメンバーはみな優しく、いい意味で自分のペースで仕事に向き合うことができました。経験値が上がるにつれて褒めていただくことも多くなり、その度に泣きそうになるほどうれしかったのを覚えています。

当時のチーフが何でも業務をこなせて、社員から頼られるような方でした。その方に憧れて私もチーフの動きなどを見て、真似していました。とにかく、早く色々な仕事ができるようにならないと、と考え試行錯誤をしていた時期です。その後、異動で別の老人ホームを経験し、現在の病院の担当となりました。

島津有花島津有花

現在担当している病院では立ち上げから参加されたほうですか。

はい。新規で受託したお客様でしたので、オープニングスタッフとして立ち上げから参加しました。立ち上げ当初は現場チームの連携強化を含めた体制構築が非常に大変なのですが、チーム全員で協力し、大きなトラブルもなく食事サービスを開始。その後は、職員様や患者様から「食事が美味しかったよ」と言って頂ける機会も多くなり、非常にうれしかったですね。特に夏に冷やし中華を出したときは大好評を得ることが出きました。患者様の状態によってお出しする食事も変わるので、メニューも豊富ですし、毎日新鮮な気持ちで仕事をしています。

島津有花

今の仕事について教えてください。

2019年6月にチーフとなり、主に食材の発注や材料管理、盛り付けなどを担当しています。コスト面の管理も私が行なっているので、美味しい食事とコスト抑制をどのように両立させるのか、日々勉強しています。毎月、各事業所のチーフが集まる会議があるのですが、その場を最大限活かすため、コスト管理や使ったことのない食材についてなど、色々と相談に乗ってもらっています。

島津有花

仕事の大変なところ

チーフとしてさまざまな人をまとめていかなければならないところですね。以前、調理師さんがケガをして休むことになり、急ぎシフト変更を行なう必要に迫られたときがありました。チーフとしての経験値が足りず焦る私を助けてくれたのが上司であるスーパーバイザー(以下、SV)でした。SVの適切なアドバイスのおかげで、アクシデントを乗り切ることができた一方で、私に足りない点も指摘していただいたことで、チーフとしての視野をさらに広げることができました。こうした経験を通じて、ちょっとのことでも動じない自分になったと思います(笑)。今後は、何を聞かれても即答できるくらい仕事や会社のことを把握し、正しい事務所管理をして行きたいです。そして頼れるチーフ!が目標です。

上司のアドバイスでアクシデントを乗り切った経験があるからこそ、自分も頼られる存在になりたい。上司のアドバイスでアクシデントを乗り切った経験があるからこそ、自分も頼られる存在になりたい。

上司のアドバイスでアクシデントを
乗り切った経験があるからこそ、
自分も頼られる存在になりたい。