私たちの強み

厳選した食材の安定供給を
可能にする独自の
ロジスティクスシステム

病院、介護・福祉施設のお食事は、365日必ず提供しなければなりません。
給食業務の要である食材の供給体制を確保するため、全国8ヵ所の物流倉庫と21ヵ所の配送センターや専用倉庫を稼働させ、全国約5,300カ所、1日約130万食を超えるお食事を提供できる独自のロジスティクスシステムを構築しています。 そのスケールメリットを活かして厳選した食材を安定かつ安価に供給するため、国内・世界から本社一括で仕入れを行うセントラルバイイングと、各地域から郷土色豊かな旬の新鮮食材を仕入れていくローカルバイイングを組み合わせ、高品質で安全・安心な食材を届けています。
また、メニュー作成から食材発注まで一元管理できるシステム「Gohan Tancs」もその一翼を担っています。

求められているものを
カタチにする、
日清医療食品の商品開発

医療・福祉に特化して全国規模で食事サービスを提供している日清医療食品だからこそ、数多くのお客様の声の中からそのニーズを的確に捉え、それを基にメーカーと協力して、新たな商品の開発が可能になります。 噛んだり飲み込む力が弱い方でも召し上がっていただける「ムース食」もこうした過程で生まれました。それまでの食材の原形をとどめない「ミキサー食」や「きざみ食」などと異なり、食べる人の立場にたって考え、確実に食事を召しあがっていただけるというコンセプトをもとに開発されました。

3Dムース食

食材それぞれの味や香りが感じられ、少量でも高栄養を実現したムース食をさらに進化させ、見た目も再現した新食材。

骨なし魚

丁寧に骨を取り除き、凍ったまま加熱しても魚の水分が抜けない新技術で、風味や食感が人気です。

食事提供が困難になった場合にも備える危機管理体制