「食」の側面から医療・福祉を見つめ支える日清医療食品。ヘルスケアフードサービス業界のリーディングカンパニーです。日清医療食品株式会社

CSR/社会貢献活動の取り組み

総合職の人材育成について総合職の人材育成について

育成方針

一心館での研修風景

お客様にご満足いただける食事サービスを提供するためには、社員一人ひとりがいきいきと仕事をし、成果を上げていくことが大切です。

日清医療食品では、そのために次の3つの要素を重視して人材を育成しています。

1つは、各自の業務をスムーズに遂行するスキルを高めること。
2つめは、自己実現のために明確な意欲をもつこと。
3つめは、周囲との協働や、ワタキューグループの一員としての価値観を確立すること。

こうした認識やスキルを向上していけるよう、社員個々の役割や業務の成熟度に合わせて「階層別」「職種別」のプログラムを実施しています。

グループ合同で新入社員研修を実施

ワタキューグループ研修センター「一心館」は、ワタキューグループの社是「心」のもと、何事にも「感謝の気持ちと謙虚な姿勢」で接する人材の育成を目指して2011年4月に京都にオープンした社員教育の場です。

2012年度からは、ワタキューグループ基本方針の徹底、グループの協働体制の土台形成を目的として、グループ会社合同で総合職の新入社員研修を1年間にわたって実施しています。2013年度は第2期生となる30名を全国の職場に送り出しました。

研修ではグループ各社の垣根を超えて、同期の絆を深めながら、ワタキューグループ社員としての礼儀、ビジネスマナーや業務スキルなど、社会人基礎力の習得だけでなく、グループ各社の業務理解を深めるとともに、富士山清掃、施設でのボランティア実習を通してグループの生業である社会への貢献を体感してもらいます。

社員の「伝える力」を高めるために

プレゼンコンテストの風景

医療・福祉業界を取り巻く事業環境が厳しくなり、今まで以上に提案力が求められるなか、自社の特徴あるサービスをお客さまに「伝える力」を高めることは年々重要となっています。

そこで、日清医療食品とワタキューセイモアは、2社合同で企画した「ワタキューグループ プレゼンテーションコンテスト」を開催。2014年度は「一般急性期病院における総合アウトソーシングの提案」をテーマに、それぞれの地域予選を勝ち抜いてきた10チームが、その力を競い合いました。