「食」の側面から医療・福祉を見つめ支える日清医療食品。ヘルスケアフードサービス業界のリーディングカンパニーです。日清医療食品株式会社

CSR/社会貢献活動の取り組み

「障害」表記について「障害」表記について

方針

日清医療食品が発表するホームページ、リリース文章等公文書において、「障害」という用語が人の状態を表す場合は、原則として「障がい」と表現する。

趣旨

「障害」の「害」という漢字の表記については様々な意見があるが、その一つに「害」の字には「害悪」等の負の印象があり、表記を変更するべきとの意見がある。しかし、現在は「障害」に替わる定着した用語がない。
※「障碍」という表現があるが「碍」は常用漢字ではない。

このため、日清医療食品では、人に対して「害」の字が使われることに不快感を持つ方に配慮するとともに、障がいのある人もない人も共に生きる社会の実現を推進する観点から、「障害」の「害」をひらがなで表記することとする。

表記の取扱い

(1) 「障害」という用語が人の状態を表す場合は、原則として「障がい」と表記する。
(2) 例外として、次の場合は「障害」の表記を用いる。
  1. 法令の名称や用語を用いる場合
  2. 他の機関・団体の名称等の固有名詞を用いる場合
※ 具体的な使用例としては下表のとおり。

「障がい」「障害」表記の具体例

区 分 具体例
1 「障がい」表記を使用する例
(1) 一般文、会議資料、広報資料、ホームページ等で使用する用語(新たに作成・発出するもののうち、変更可能なもの) 障害者 → 障がい者、障がいのある方(人)
身体障害 → 身体障がい
知的障害 → 知的障がい
精神障害 → 精神障がい
発達障害 → 発達障がい
2 「障害」表記を使用する例
(1) 法令の名称や用語を用いる場合 (法令名称)障害者基本法
(法令用語)身体障害者手帳、障害基礎年金
(2) 他の機関・団体、大会等の名称等の固有名詞を用いる場合 (機関)国立障害者リハビリテーションセンター
(団体)○○県身体障害者福祉協会
(大会)全国障害者スポーツ大会、全国障害者芸術・文化祭
(3) 医学用語、学術用語等の専門用語として漢字使用が適当な場合 心臓機能障害、高次脳機能障害、広汎性発達障害、認知障害、嚥下障害
(4) 著作物を引用する場合

※「障害」という用語が人の状態を表すものでない場合は変更しない。
(例:障害物、電波障害など)