「食」の側面から医療・福祉を見つめ支える日清医療食品。ヘルスケアフードサービス業界のリーディングカンパニーです。日清医療食品株式会社

CSR/社会貢献活動の取り組み

「そうだ、熱中しよう、熱中症」第二十七話「そうだ、熱中しよう、熱中症」第二十七話

より熱中症を知ってもらうために

熱中症予防としてエネルギーの補給という意味で食事は大切ですが、就寝中は体重や気温などにもよりますが約500mlの水分が汗などで蒸発すると言われています。
起床時の体内は「水分不足」を補うためにも朝食は大切です。

食事の量にもよりますが、一般的な成人で1食約500mlの水分が摂れます。
朝食時は味噌汁やスープなど汁物を採ると効率よく水分が摂れます。

【熱中症予防声かけ予防プロジェクト 概要】

みんなが少し意識を変えるだけで、熱中症被害は防げる。 官民が共同で、熱中症予防を呼びかけていく国民運動、それが、「ひと涼みしよう 熱中症予防声かけプロジェクト」です。
熱中症予防声かけプロジェクトでは「5つの声かけ」を熱中症予防として伝えています。
①温度に気をくばろう②飲み物を持ち歩こう③休息をとろう④栄養をとろう⑤声をかけあおう

»熱中症声かけプロジェクトについてはこちら

»運営事務局である一般社団法人日本エンパワーメントコンソーシアムについてはこちら

第27話「朝食は大事」

  第二十七話「朝食は大事」

» キャラクター紹介についてはこちら

※熱中症予防・啓蒙について使用する場合に限り、4コマ漫画のデータはご自由にご使用ください。使用につきまして事前連絡は不要です。