「食」の側面から医療・福祉を見つめ支える日清医療食品。ヘルスケアフードサービス業界のリーディングカンパニーです。日清医療食品株式会社

CSR/社会貢献活動の取り組み

「そうだ、熱中しよう、熱中症」第十七話「そうだ、熱中しよう、熱中症」第十七話

より熱中症を知ってもらうために

熱中症の症状を知ることは、対策をとる上でも必要です。

分類 症状 症状から
見た診断
Ⅰ度 めまい・失神
「立ちくらみ」という状態で、脳への血流が瞬間的に不十分になったことを示し、「熱失神」と呼ぶこともあります。
筋肉痛・筋肉の硬直
筋肉の「こむら返り」のことで、その部分の痛みを伴います。発汗に伴う塩分(ナトリウムなど)の欠乏により生じます。
手足のしびれ・気分の不快
熱ストレス(総称)
熱失神
Ⅱ度 頭痛・吐き気・嘔吐・倦怠感・虚脱感
体がぐったりする、力が入らないなどがあり、「いつもと様子が違う」程度のごく軽い意識障害をみちめることがあります。
熱疲労
(熱ひはい)
Ⅲ度 Ⅱ度の症状に加え、
意識障害・けいれん・手足の運動障害

呼びかけや刺激への反応がおかしい、体がガクガクとひきつけがある(全身のけいれん)、真直ぐに走れない・歩けないなど。
高体温
体に触ると熱いという感触です。
肝機能異常、腎機能障害、血液凝固障害
これらは、医療機関での採血により判明します。
熱射病

「熱中症環境保健マニュアル2014」より
 

»熱中症声かけプロジェクトについてはこちら

»運営事務局である一般社団法人日本エンパワーメントコンソーシアムについてはこちら

第17話「症状をしろう」

第十七話「症状をしろう」

» キャラクター紹介についてはこちら

※熱中症予防・啓蒙について使用する場合に限り、4コマ漫画のデータはご自由にご使用ください。使用につきまして事前連絡は不要です。