「食」の側面から医療・福祉を見つめ支える日清医療食品。ヘルスケアフードサービス業界のリーディングカンパニーです。日清医療食品株式会社

CSR/社会貢献活動の取り組み

「そうだ、熱中しよう、熱中症」第十五話「そうだ、熱中しよう、熱中症」第十五話

より熱中症を知ってもらうために

一般的な成人は、1日約2.5リットルの水分が必要です。そのうち1リットルは食べ物から得ています。
通常の生活をしていても呼吸や汗で約0.9リットルの水分が失われています。

のどの渇きは感じるのは体内の2%の水分が失われたときです。
私たちが吸収できる水分は1時間に1リットル程度とも言われています。
体重60Kgの人が2%の水分を失われた場合1.2リットルに相当します。
元の状態に戻るには1.2時間かかる可能性が高いため、ある程度早めに水分補給をすることも大切です。

»熱中症声かけプロジェクトについてはこちら

»運営事務局である一般社団法人日本エンパワーメントコンソーシアムについてはこちら

第15話「のどの渇きを感じたら」

  第十五話「のどの渇きを感じたら」

» キャラクター紹介についてはこちら

※熱中症予防・啓蒙について使用する場合に限り、4コマ漫画のデータはご自由にご使用ください。使用につきまして事前連絡は不要です。