「食」の側面から医療・福祉を見つめ支える日清医療食品。ヘルスケアフードサービス業界のリーディングカンパニーです。日清医療食品株式会社

CSR/社会貢献活動の取り組み

「そうだ、熱中しよう、熱中症」第五話「そうだ、熱中しよう、熱中症」第五話

より熱中症を知ってもらうために

初期の対処について
まず、意識があるかどうか確認しましょう。
・意識があり、応対が出来る場合 0.1~0.2%ナトリウムを含んだ飲料で水分補給をした上で、涼しい所もしくは風通しのよい所で涼みましょう。
(筋肉がけいれんしている時はマッサージをしてください) ・意識があるけれど、意識が朦朧としている場合 涼しい場所へ移動させて、着衣を緩めて首、わきの下、足の付け根をひやしましょう。可能であれば水分をとらせてください。
回復に時間がかかる場合は医療機関での診療が必要です。 ・意識がない場合 呼吸、脈拍を確認してください。救急搬送が必要なケースがあります。
救急車が来るまで着衣を緩めて首、わきの下、足の付け根をひやしましょう。顔が青白い場合は足を上にしましょう。

»熱中症声かけプロジェクトについてはこちら

»運営事務局である一般社団法人日本エンパワーメントコンソーシアムについてはこちら

第5話「初期対処が大切!」

第五話「初期対処が大切!」

» キャラクター紹介についてはこちら

※熱中症予防・啓蒙について使用する場合に限り、4コマ漫画のデータはご自由にご使用ください。使用につきまして事前連絡は不要です。

アニメ風  第5話「初期対処が大切!」