「食」の側面から医療・福祉を見つめ支える日清医療食品。ヘルスケアフードサービス業界のリーディングカンパニーです。日清医療食品株式会社

CSR/社会貢献活動の取り組み

サプライチェーンマネジメントサプライチェーンマネジメント

 日清医療食品が食事サービスの提供を行う上で、多くのサプライヤー様に支えられて成り立っています。

 日清医療食品では、ワタキューグループ 基本方針内「仕入れ先には売っていただいている。協力企業の方々には仕事をしていただいている(一部抜粋)」のとおり、サプライヤー様を「日清医療食品にとって不可欠なビジネスパートナー」と考え、信頼関係を構築しながら相互に発展していくことを目指しています。

 現在の社会には環境問題、人権問題など多くの社会課題が存在し、全ての企業は持続可能な社会の構築に向けた取組みが期待されています。

 日清医療食品を含む、ワタキューグループ全体では「社会課題の解決を通じて持続可能な食事サービスの提供を推進し、豊かな社会づくりに貢献する」というCSRビジョンを掲げていますが、この実現のためには、ワタキューグループ基本方針をサプライヤーの皆様と共有し、サプライチェーン全体で社会からの期待に応えていく必要があります。

 調達活動においては、公平・公正で、社会への影響を配慮した調達活動を行うための基本的な考え方を「サプライチェーン基本方針」にまとめ、持続可能な社会の実現に向けて取り組んでいきます。

【ワタキューグループ基本方針】
基本方針

サプライチェーン基本方針

 日清医療食品は、公正透明で適正な取引を実施し、サプライチェーンを構築するサプライヤーの皆様とともに、人権・労働慣行などの社会的責任にも配慮し、持続可能な社会の実現に貢献します。

(1)安全・安心の最優先と品質の確保

喫食者の皆様に安心いただける食事サービスの提供ができるよう、安全・安心および品質、安定供給体制を重視した調達活動を推進します。

(2)コンプライアンスの徹底

全ての関連諸法令と社会規範を遵守し、高い倫理感に基づいて行動します。

(3)情報セキュリティの保持

調達活動において提供を受けた情報や技術は適正に管理します。

サプライヤーCSR行動指針

少子高齢化などの社会課題への取り組みや、喫食者の皆様のQOL向上などの要求にこたえるため、サプライヤーの皆様と日清医療食品が認識を共有し、遵守していく事項を以下にまとめました。

(1)法令の遵守

・全ての関連諸法令と社会規範を遵守すること。
・取引上の情報や技術の機密保持を徹底すること。
・政治献金や寄付等を行う場合は関係する国、地域の法令に従うこと。
・不適切な利益の供与及び受領の禁止を徹底すること。

(2)地域社会

・調達において、地域紛争や人権侵害、環境破壊など地域に深刻な悪影響を及ぼす組織と直接または間接的に関係する事がないよう配慮する。
・反社会的な活動や勢力に対しては、一切関係をもたないこと。

(3)リスク

・BCPを策定し、災害等の発生時に事業が中断しない、中断しても再開できるよう必要な準備を行うこと。

(4)製品の安全性

・喫食者の皆様が安全・安心に食事を召し上がれるよう、製品・サービスの品質、安全性を確保し、製品を通じて社会への貢献と地域との共生を図ること。

サプライヤー地域別構成比

日清医療食品は主に以下の地域のサプライヤーから購入しています。



※2018年12月現在