「食」の側面から医療・福祉を見つめ支える日清医療食品。ヘルスケアフードサービス業界のリーディングカンパニーです。日清医療食品株式会社

CSR/社会貢献活動の取り組み

SDGs6  安全な水とトイレを世界中にSDGs6  安全な水とトイレを世界中に

SDGs 6安全な水とトイレを世界中に

目標 6
すべての人々に水と衛生へのアクセスと持続可能な管理を確保する
Goal 6
Ensure availability and sustainable management of water and sanitation for all

目標6 ターゲット
6.1 2030年までに、すべての人々の、安全で安価な飲料水の普遍的かつ平等なアクセスを達成する。
6.2 2030年までに、すべての人々の、適切かつ平等な下水施設・衛生施設へのアクセスを達成し、野外での排泄をなくす。女性および女子、ならびに脆弱な立場にある人々のニーズに特に注意を向ける。
6.3 2030年までに、汚染の減少、有害な化学物質や物質の投棄削減と最小限の排出、未処理の下水の割合半減、およびリサイクルと安全な再利用を世界全体で大幅に増加させることにより、水質を改善する。
6.4 2030年までに、全セクターにおいて水の利用効率を大幅に改善し、淡水の持続可能な採取および供給を確保し水不足に対処するとともに、水不足に悩む人々の数を大幅に減少させる。
6.5 2030年までに、国境を越えた適切な協力を含む、あらゆるレベルでの統合的な水資源管理を実施する。
6.6 2020年までに、山地、森林、湿地、河川、帯水層、湖沼などの水に関連する生態系の保護・回復を行う。
6.a 2030年までに、集水、海水淡水化、水の効率的利用、廃水処理、リサイクル・再利用技術など、開発途上国における水と衛生分野での活動や計画を対象とした国際協力とキャパシティ・ビルディング支援を拡大する。
6.b 水と衛生に関わる分野の管理向上への地域コミュニティの参加を支援・強化する。
5.c ジェンダー平等の促進、ならびにすべての女性および女子のあらゆるレベルでのエンパワーメントのための適正な政策および拘束力のある法規を導入・強化する。

取り組み事例

森林保全活動

日清医療食品を含むワタキューグループでは、地球環境への取り組みを事業に関わる重要な課題ととらえ、環境保全への貢献とともに、自然体験を通じて地球環境への意識を高めることを目的に管理社員研修に、富士山麓の清掃活動と大正池森林保全活動を実施しています。
また、ワタキューグループの社員、家族も参加しております。



Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)における取り組みについて

SDGs
SDGs1貧困をなくそう SDGs2飢餓をゼロに SDGs3全ての人に健康と福祉を SDGs4質の高い教育をみんなに SDGs5ジェンダー平等を実現しよう SDGs6安全な水とトイレを世界中に
SDGs7エネルギーをみんなに そしてクリーンに SDGs8働きがいも 経済成長も SDGs9産業と技術革新の基盤をつくろう SDGs10人や国の不平等をなくそう SDGs11住み続けられる街づくりを SDGs12つくる責任つかう責任
SDGs13気候変動に具体的な対策を SDGs14海の豊かさを守ろう SDGs15陸の豊かさも守ろう SDGs16平和と公平をすべての人に SDGs17パートナーシップで目標を達成しよう