「食」の側面から医療・福祉を見つめ支える日清医療食品。ヘルスケアフードサービス業界のリーディングカンパニーです。日清医療食品株式会社

CSR/社会貢献活動の取り組み

SDGs4 質の高い教育をみんなにSDGs4 質の高い教育をみんなに

SDGs 4質の高い教育をみんなに

目標 4
すべての人々に包摂的かつ公平で質の高い教育を提供し、生涯学習の機会を促進する
Goal 4
Ensure inclusive and equitable quality education and promote lifelong learning opportunities for all

目標4 ターゲット
4.1 2030年までに、すべての子どもが男女の区別なく、適切かつ有効な学習成果をもたらす、自由かつ公平で質の高い初等教育および中等教育を修了できるようにする。
4.2 2030年までに、すべての子どもが男女の区別なく、質の高い早期幼児の開発、ケア、および就学前教育にアクセスすることにより、初等教育を受ける準備が整うようにする。
4.3 2030年までに、すべての人々が男女の区別なく、安価で質の高い技術教育、職業教育、および大学を含む高等教育への平等なアクセスを得られるようにする。
4.4 2030年までに、技術的・職業的スキルなど、雇用、ディーセント・ワークおよび起業に必要な技能を備えた若者と成人の割合を大幅に増加させる。
4.5 2030年までに、教育におけるジェンダー格差を無くし、障害者、先住民および脆弱な立場にある子どもなど、脆弱層があらゆるレベルの教育や職業訓練に平等にアクセスできるようにする。
4.6 2030年までに、すべての若者および成人の大多数(男女ともに)が、読み書き能力および基本的計算能力を身に付けられるようにする。
4.7 2030年までに.持続可能な開発と持続可能なライフスタイル、人権、ジェンダー平等、平和と非暴力の文化、グローバル市民、および文化的多様性と文化が持続可能な開発にもたらす貢献の理解などの教育を通じて、すべての学習者が持続可能な開発を推進するための知識とスキルを獲得するようにする。
4.a 子ども、障害、およびジェンダーに配慮した教育施設を構築・改良し、すべての人々に安全で非暴力的、包摂的、効果的な学習環境を提供できるようにする。
4.b 2020年までに、開発途上国、特に後発開発途上国および小島嶼開発途上国、ならびにアフリカ諸国を対象とした、職業訓練、情報通信技術(ICT)、技術・工学・科学プログラムなど、先進国およびその他の開発途上国における高等教育の奨学金の件数を全世界で大幅に増加させる。
4.c 2030年までに、開発途上国、特に後発開発途上国および小島嶼開発途上国における教員養成のための国際協力などを通じて、資格を持つ教員の数を大幅に増加させる。

取り組み事例

授業で使えるキャリア教育教材「おしごと年鑑2020」に協賛

【協賛の背景】
 病院・介護福祉施設において食事提供サービスを行うには管理栄養士は重要な役割を担っています。けれども、現在小学生のなりたい職業ランキング上位において「管理栄養士」が選ばれることは少ないのが現状であり、業界として改善する必要があると日清医療食品では考えました。
 その取り組みの一つとして、授業で使えるキャリア教材である「おしごと年鑑」に協賛いたしました。
【掲載内容について】
 日清医療食品は「身近な生活につながるお仕事」の項目内にて、「病院の食事は普通の食事と何が違うの?」というタイトルで当社の取り組みを紹介しています。



※掲載誌面


教育支援

日清医療食品では、これからの社会を担う若者への教育の支援や日清医療食品が所有する技術、知識を活用した教育支援といった草の根的な活動を行うことで、地域と共生し、地域から信頼される企業となることをめざしています。

・即戦力の管理栄養士育成での協力について

現在の病院、介護施設での食事提供では、加熱等の調理後すぐに提供するクックサーブ方式が主流ですが、これからの少子高齢化の中調理した料理を一旦冷却して保存しておき、提供する時間に合わせて再度加熱するクックチル方式が見直されています。
ただし、大学などの管理栄養士育成過程において、クックサーブ方式は実習で経験できるが、企業の協力なしではクックチル方式の実習が行えないという課題がありました。
課題解決のため、日清医療食品のセントラルキッチンで製造しているモバイルプラスを提供することで課題解決につなげる手助けを行っています。






・子ども霞ヶ関見学デーにて出展
2000年から実施されている夏の自由研究に利用されるなど大変人気のイベントである子ども霞ヶ関見学デー(文部科学省をはじめとした府省庁等が連携して、業務説明や省内見学などを行うイベント)において、2012年から食中毒や手洗いの重要性について出展を行っています。
少しでも食中毒の危険性と手洗いの重要性を知ってもらうよう今後も継続して継続いたします。



・子どもへの食育イベントへの参加
「ワークショップコレクション in 仙台トラストシティ」にて、日清医療食品 仙台支店(宮城県仙台市)と日清医療食品 仙台支店 栄養士会が共同でワークショップとして「栄養まんてん!自分だけのランチボックスを作ろう♪」としてにぎらないおにぎり、「おにぎらず」のランチボックスを栄養士が指導しながら、献立を考え、作る、を実践し、彩りや栄養バランスについて参加した子どもに学んでいただきました。



・熱中症予防のための啓蒙活動
食事サービスの提供をしている日清医療食品では、夏場の厨房で作業をする社員に向けて熱中症予防のための啓蒙活動を実施しています。
熱中症の危険性や予防を多くの人に知ってもらうため、啓蒙内容を4コマ漫画にしHPにて掲載しています。





QOLを考えた食事提供について(ムース食・やわら御膳)

 高齢になると噛む、飲み込む能力が低下します。介護の現場での食事提供においては、食事を小さく刻んで提供する「刻み食」の提供をしていました。
 この「刻み食」は見た目もわるく、また小さく刻むことで口の中で塊りにしにくく、誤嚥をする可能性があり、口腔内が清潔に保たれていない場合、誤嚥による誤嚥性肺炎に罹る可能性があります。
 そこで、日清医療食品では、安心して食べてもらえるよう2004年からムース食、2016年からきざまない介護食「モバイルプラス やわら御膳」の提供を実施しています。
 また、誤嚥性肺炎の予防を目的とした動画配信や勉強会の開催なども実施しています。

» 高齢者食事サービス協力員へ高齢者のお食事についての研修実施した内容についてはこちら

誤嚥性肺炎啓蒙のための動画


公開アドレス: https://youtu.be/qhN7NDsSadg
(長さ6:38)
※この動画は一部の栄養科のある大学の授業でも活用いただきました。

新型コロナウイルス(COVID-19)感染予防対策について

 2019年11月末に発生した新型コロナウイルス(COVID-19)は世界中で感染拡大いたしました。
 日清医療食品では2020年1月21日より海外渡航の自粛や、同年1月29日に社員への手洗い、うがい、マスク着用の励行などを実施。
 2月25日には集合研修・会議等一定数が集合する集会等の中止を実施するなど感染対策を社内に向けて実施してきました。
社外に対して4月7日に手洗い動画の一般公開、6月2日に衛生マニュアルの一部を4コマ漫画にして新型コロナウイルス(COVID-19)に対しての啓蒙の実施を行いました。
 また、9月10日から12日にかけて日本赤十字社とコラボした「献血で新型コロナウイルス感染症対応支援を!」を実施しています。

手洗い動画について



(長さ:2:11)

・飢餓をゼロに 国連WFPとの取り組み

日清医療食品は、国連唯一の食糧支援機関であるWFP国連世界食糧計画の公式支援窓口である国連WFP協会の評議員として、飢餓撲滅の活動に2006年7月10日から参加しています。
また、WFPウォーク・ザ・ワールド、WFPチャリティーエッセイコンテストへの支援を行い、飢餓撲滅への活動に参画しています。

» WFP 国連世界食糧計画 / 国連WFP協会についてはこちら



※チャリティー・ウォーク「ウォーク・ザ・ワールド」風景(2018年) ©JAWFP

WFPウォーク・ザ・ワールドとは

途上国の子どもたちの飢餓をなくすために、国連WFPが開催するチャリティーウォークです。
参加費の一部は国連WFPの学校給食支援に役立てられます。
あなたの一歩で子ども達の未来が広がります。

WFPチャリティーエッセイコンテストとは

応募1作品につき、給食3日分(90円)が、寄付協力企業のご協力により国連WFPに寄付され、学校給食支援に役立てられます。
この寄付協力企業の1社として日清医療食品は参加しています。

Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)における取り組みについて

SDGs
SDGs1貧困をなくそう SDGs2飢餓をゼロに SDGs3全ての人に健康と福祉を SDGs4質の高い教育をみんなに SDGs5ジェンダー平等を実現しよう SDGs6安全な水とトイレを世界中に
SDGs7エネルギーをみんなに そしてクリーンに SDGs8働きがいも 経済成長も SDGs9産業と技術革新の基盤をつくろう SDGs10人や国の不平等をなくそう SDGs11住み続けられる街づくりを SDGs12つくる責任つかう責任
SDGs13気候変動に具体的な対策を SDGs14海の豊かさを守ろう SDGs15陸の豊かさも守ろう SDGs16平和と公平をすべての人に SDGs17パートナーシップで目標を達成しよう