「食」の側面から医療・福祉を見つめ支える日清医療食品。ヘルスケアフードサービス業界のリーディングカンパニーです。日清医療食品株式会社

CSR/社会貢献活動の取り組み

SDGs16  平和と公正をすべての人にSDGs16 平和と公正をすべての人に

SDGs 16  平和と公正をすべての人に

目標 16
持続可能な開発に向けて平和で包摂的な社会を推進し、すべての人々に司法へのアクセスを提供するとともに、あらゆるレベルにおいて効果的で責任ある包摂的な制度を構築する
Goal 16
Promote peaceful and inclusive societies for sustainable development, provide access to justice for all and bulid effective, accountable and inclusive institutions at all levels

目標16 ターゲット
16.1 あらゆる場所において、すべての形態の暴力および暴力に関連する死亡率を大幅に減少させる。
16.2 子どもに対する虐待、搾取、人身売買およびあらゆる形態の暴力および拷問を撲滅する。
16.3 国家および国際的なレベルでの法の支配を促進し、すべての人々に司法への平等なアクセスを提供する。
16.4 2030年までに、違法な資金および武器の取引を大幅に減少させ、盗難された資産の回復および返還を強化し、あらゆる形態の組織犯罪を根絶する。
16.5 あらゆる形態の汚職や贈賄を大幅に減少させる。
16.6 あらゆるレベルにおいて、有効で説明責任のある透明性の高い公共機関を発展させる。
16.7 あらゆるレベルにおいて、対応的、包摂的、参加型、および代表的な意思決定を確保する。
16.8 グローバル・ガバナンス機関への開発途上国の参加を拡大・強化する。
16.9 2030年までに、すべての人々に出生登録を含む法的な身分証明を提供する。
16.10 国内法規および国際協定に従い、情報への公共アクセスを確保し、基本的自由を保障する。
16.a 特に開発途上国において、暴力の防止とテロリズム・犯罪の撲滅に関するあらゆるレベルでのキャパシティ・ビルディングのため、国際協力などを通じて関連国家機関を強化する。
16.b 持続可能な開発のための非差別的な法規および政策を推進し、実施する。

【取り組み事例】

・飢餓をゼロに 国連WFPとの取り組み

日清医療食品は、国連唯一の食糧支援機関であるWFP国連世界食糧計画の公式支援窓口である国連WFP協会の評議員として、飢餓撲滅の活動に2006年7月10日から参加しています。
また、WFPウォーク・ザ・ワールド、WFPチャリティーエッセイコンテストへの支援を行い、飢餓撲滅への活動に参画しています。

» WFP 国連世界食糧計画 / 国連WFP協会についてはこちら



※チャリティー・ウォーク「ウォーク・ザ・ワールド」風景(2018年) ©JAWFP

WFPウォーク・ザ・ワールドとは

途上国の子どもたちの飢餓をなくすために、国連WFPが開催するチャリティーウォークです。
参加費の一部は国連WFPの学校給食支援に役立てられます。
あなたの一歩で子ども達の未来が広がります。

WFPチャリティーエッセイコンテストとは

応募1作品につき、給食3日分(90円)が、寄付協力企業のご協力により国連WFPに寄付され、学校給食支援に役立てられます。
この寄付協力企業の1社として日清医療食品は参加しています。

 

Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)における取り組みについて

SDGs
SDGs1貧困をなくそう SDGs2飢餓をゼロに SDGs3全ての人に健康と福祉を SDGs4質の高い教育をみんなに SDGs5ジェンダー平等を実現しよう SDGs6安全な水とトイレを世界中に
SDGs7エネルギーをみんなに そしてクリーンに SDGs8働きがいも 経済成長も SDGs9産業と技術革新の基盤をつくろう SDGs10人や国の不平等をなくそう SDGs11住み続けられる街づくりを SDGs12つくる責任つかう責任
SDGs13気候変動に具体的な対策を SDGs14海の豊かさを守ろう SDGs15陸の豊かさも守ろう SDGs16平和と公平をすべての人に SDGs17パートナーシップで目標を達成しよう