「食」の側面から医療・福祉を見つめ支える日清医療食品。ヘルスケアフードサービス業界のリーディングカンパニーです。日清医療食品株式会社

CSR/社会貢献活動の取り組み

SDGs12 つくる責任 つかう責任SDGs12 つくる責任 つかう責任

SDGs 12 つくる責任 つかう責任

目標 12
持続可能な消費と生産のパターンを確保する
Goal 12
Ensure sustainable consumption and production patterns

目標12 ターゲット
12.1 持続的な消費と生産に関する10年枠組みプログラム(10YFP)を実施し、先進国主導の下、開発途上国の開発状況や能力を勘案し、すべての国々が対策を講じる。
12.2 2030年までに天然資源の持続可能な管理および効率的な利用を達成する。
12.3 2030年までに小売・消費レベルにおける世界全体の一人当たりの食品廃棄物を半減させ、収穫後損失などの生産・サプライチェーンにおける食品の損失を減少させる。
12.4 2020年までに、合意された国際的な枠組みに従い、製品ライフサイクルを通じて化学物質やすべての廃棄物の環境に配慮した管理を達成し、大気、水、土壌への排出を大幅に削減することにより、ヒトの健康や環境への悪影響を最小限に留める。
12.5 2030年までに、予防、削減、リサイクル、および再利用(リユース)により廃棄物の排出量を大幅に削減する。
12.6 大企業や多国籍企業をはじめとする企業に対し、持続可能な慣行を導入し、定期報告に持続可能性に関する情報を盛り込むよう奨励する。
12.7 国内の政策や優先事項に従って持続可能な公共調達の慣行を促進する。
12.8 2030年までに、あらゆる場所の人々が持続可能な開発および自然と調和したライフスタイルに関する情報と意識を持つようにする。
12.a 開発途上国に対し、より持続可能な生産消費形態を促進する科学的・技術的能力の強化を支援する。
12.b 持続可能な開発が雇用創出、地元の文化・産品の販促につながる持続可能な観光業にもたらす影響のモニタリングツールを開発・導入する。
12.c 破壊的な消費を奨励する非効率的な化石燃料の補助金を合理化する。これは、課税の再編や該当する場合はこうした有害な補助金の段階的廃止による環境影響の明確化などを通じ、各国の状況に応じて市場の歪みを是正することにより行うことができる。また、その際は開発途上国の特別なニーズや状況を考慮し、開発への悪影響を最小限に留め、貧困層や対象コミュニティを保護するようにする。

【取り組み事例】

少子高齢化・多様化する食事提供の中でも持続継続可能な食事提供を実現するために

 少子高齢化、多様化する食事ニーズや社会情勢の中でも持続継続可能な食事提供を実現するために、日清医療食品では2015年3月よりクックチル方式の「モバイルプラス」の提供を開始しました。

 このモバイルプラスはセントラルキッチンで調理した食事を急速冷却し、真空パックで保存を、ご契約先事業所で再加熱もしくは和えるだけで提供可能な食事形態です。
モバイルプラス導入により事業所での人員削減の実現ができており、これから加速する少子高齢化による人手不足への対策にも繋がります。

 このモバイルプラスには医療版、福祉版があり、それぞれ、常食、全粥食、減塩食、エネルギーコントール食があります。また、2016年11月からは刻まない介護食「モバイルプラス やわら御膳」の提供や「ミキサー食」などの介護食の提供も実施しています。

 「モバイルプラス」は前身である「モバイル」という商品がありました。
 「モバイル」は常食のみを製造していましたが、ターニングポイントとして東日本大震災時に被災地での提供があります。

 電気、水道、ガスの全てのインフラが不通かつ人数も少ない中で、食事提供が実現できたことで多くの人に喜ばれました。
 この経験から今後来る少子高齢化による労働力不足の改善として、いかにご契約先事業所で活用いただけるのかを考えた結果、常食以外の食形態の製造を実現しました。

 この実現には既存のセントラルキッチンの厨房機器、企画の統一や増設を行いました。
 また、従来のセントラルキッチンではバッチ方式で製造するにはある程度の人員が必要でしたが、2017年8月に竣工したヘルスケアフードファクトリー亀岡(以下「HFF亀岡」)では大量多品種の自動化・省力化・少人化を実現。今までのセントラルキッチンでは1日1万食前後の製造が、このHFF亀岡では1日10万食の製造を可能としました。
 更に2022年5月にはHFF亀岡と同規模のヘルスケアフードファクトリー関東の建設を予定しています。

ヘルスケアフードファクトリー亀岡 説明動画について





QOLを考えた食事提供について(ムース食・やわら御膳)

 高齢になると噛む、飲み込む能力が低下します。介護の現場での食事提供においては、食事を小さく刻んで提供する「刻み食」の提供をしていました。
 この「刻み食」は見た目もわるく、また小さく刻むことで口の中で塊りにしにくく、誤嚥をする可能性があり、口腔内が清潔に保たれていない場合、誤嚥による誤嚥性肺炎に罹る可能性があります。
 そこで、日清医療食品では、安心して食べてもらえるよう2004年からムース食、2016年からきざまない介護食「モバイルプラス やわら御膳」の提供を実施しています。
 また、誤嚥性肺炎の予防を目的とした動画配信や勉強会の開催なども実施しています。

» 高齢者食事サービス協力員へ高齢者のお食事についての研修実施した内容についてはこちら

誤嚥性肺炎啓蒙のための動画


公開アドレス: https://youtu.be/qhN7NDsSadg
(長さ6:38)
※この動画は一部の栄養科のある大学の授業でも活用いただきました。

「心臓を守る健康レシピ」実施

 日本では、高齢化により脳卒中と循環器疾患による死亡が増え、心臓疾患が第2位、脳血管疾患が第3位となり、合わせると死亡原因の25%(2017年度人口動態統計より)を占めています。
 この背景には、高齢化に加え、食生活をはじめとする生活習慣が大きく関わっています。
 「人生100年時代構想」の中、日本政府では健康寿命の延伸を進めています。
 この社会課題の解決を目的として、榊原記念病院と日清医療食品とのコラボレーション事業として心臓を守る健康レシピを2020年2月8日に実施いたしました。





Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)における取り組みについて

SDGs
SDGs1貧困をなくそう SDGs2飢餓をゼロに SDGs3全ての人に健康と福祉を SDGs4質の高い教育をみんなに SDGs5ジェンダー平等を実現しよう SDGs6安全な水とトイレを世界中に
SDGs7エネルギーをみんなに そしてクリーンに SDGs8働きがいも 経済成長も SDGs9産業と技術革新の基盤をつくろう SDGs10人や国の不平等をなくそう SDGs11住み続けられる街づくりを SDGs12つくる責任つかう責任
SDGs13気候変動に具体的な対策を SDGs14海の豊かさを守ろう SDGs15陸の豊かさも守ろう SDGs16平和と公平をすべての人に SDGs17パートナーシップで目標を達成しよう