「食」の側面から医療・福祉を見つめ支える日清医療食品。ヘルスケアフードサービス業界のリーディングカンパニーです。日清医療食品株式会社

CSR/社会貢献活動の取り組み

SDGs11 住み続けられるまちづくりをSDGs11 住み続けられるまちづくりを

SDGs 11 住み続けられるまちづくりを

目標 11
都市と人間の居住地を包摂的、安全、レジリエントかつ持続可能にする
Goal 11
Make cities and human settlements inclusive, safe, resilient and sustainable

目標11 ターゲット
11.1 2030年までに、すべての人々の、適切、安全かつ安価な住宅および基本的サービスへのアクセスを確保し、スラムを改善する。
11.2 2030年までに、脆弱な立場にある人々、女性、子ども、障害者、および高齢者のニーズに特に配慮し、公共交通機関の拡大などを通じた交通の安全性改善により、すべての人々に、安全かつ安価で容易に利用できる、持続可能な輸送システムへのアクセスを提供する。
11.3 2030年までに、包摂的かつ持続可能な都市化を促進し、すべての国々の参加型、包摂的かつ持続可能な人間居住計画・管理の能力を強化する。
11.4 世界の文化遺産および自然遺産の保全・開発制限取り組みを強化する。
11.5 2030年までに、貧困層および脆弱な立場にある人々の保護に重点を置き、水害などの災害による死者や被災者数を大幅に削減し、国内総生産比で直接的経済損失を大幅に減らす。
11.6 2030年までに、大気質、自治体などによる廃棄物管理への特別な配慮などを通じて、都市部の一人当たり環境影響を軽減する。
11.7 2030年までに、女性・子ども、高齢者および障害者を含め、人々に安全で包摂的かつ利用が容易な緑地や公共スペースへの普遍的アクセスを提供する。
11.a 各国・地球規模の開発計画の強化を通じて、経済、社会、環境面における都市部、都市周辺部、および農村部間の良好なつながりを支援する。
11.b 2020年までに、包含、資源効率、気候変動の緩和と適応、災害に対するレジリエンスを目指す総合的政策および計画を導入・実施した都市および人間居住地の件数を大幅に増加させ、仙台防災枠組2015-2030に沿って、あらゆるレベルでの総合的な災害リスク管理の策定と実施を行う。
11.c 財政および技術的支援などを通じて、後発開発途上国における現地の資材を用いた、持続可能かつレジリエントな建造物の整備を支援する。

【取り組み事例】

献血で被災地支援キャンペーン実施

 2014年9月から日本赤十字社と連携して「献血で被災地支援」キャンペーンを実施しています。
 医療に携わる当社から何か協力できないかと相談をした所、2011年 東日本大震災から月日は経過しているが、被災地はまだまだ支援がいることを知ってもらないという日本赤十字社の担当者の声の元、年に2回限定で被災地の間伐材を利用した木でできたノベリティーを献血者に配布するキャンペーンを開始し、現在も継続した取り組みを実施しています。

日清医療食品における被災地支援について

件名 寄付金額 寄付相手先 ニュースリリース
2011年 東日本大震災 3,000万円 日本赤十字社 東北地方太平洋沖地震の被害に対する支援について
東日本大震災 物品寄付
(食品)
宮城県南三陸町
石巻市
福島県南相馬市
東日本大震災被災地への救援物資提供について
2014年 平成26年豪雪 支援物資 契約先施設 山梨県への緊急物資搬送に関して
ヘリコプターにて雪害に対する緊急配送継続実施のお知らせ
ヘリコプターにて雪害に対する都留市への緊急配送継続実施のお知らせ
東日本大震災 200万円
(物品含む)
日本赤十字社 全国初!日清医療食品と日本赤十字社がコラボして「献血で東北支援を!」キャンペーンを9月11日(木)全国の献血会場で実施
2015年 東日本大震災 200万円
(物品含む)
日本赤十字社 東日本大震災から4年 日清医療食品と日本赤十字社がコラボして「献血で東北支援を!」キャンペーン第二弾を2月20日(金)に全国の献血会場で実施
東日本大震災 200万円
(物品含む)
日本赤十字社 日清医療食品と日本赤十字社がコラボして「献血で東北支援を!」キャンペーン第三弾を9月11日(金)47都道府県の献血会場で実施
2016年 東日本大震災 200万円
(物品含む)
日本赤十字社 日清医療食品と日本赤十字社がコラボして「献血で東北支援を!」キャンペーン第四弾を2月17日(水)47都道府県の献血会場で実施
平成28年
熊本地震
支援物資 契約先施設 ヘリコプターにて熊本地区への緊急物資搬送実施のお知らせ
ヘリコプターにて熊本地区への緊急物資搬送結果について
ヘリコプターにて熊本地区(熊本県合志市)への緊急物資搬送実施のお知らせ
ヘリコプターにて熊本地区へ緊急物資搬送第三便 実施のお知らせ
平成28年
熊本地震
200万円
(物品含む)
日本赤十字社 日清医療食品と日本赤十字社がコラボして「献血で熊本支援を!」 9月12日(月)に47都道府県の献血会場で実施
2017年 平成28年
熊本地震
200万円
(物品含む)
日本赤十字社 日清医療食品と日本赤十字社がコラボして「献血で熊本支援を!」 2月9日(木)に47都道府県の献血会場で実施
平成28年
熊本地震
200万円
(物品含む)
日本赤十字社 日清医療食品と日本赤十字社がコラボして「献血で熊本支援を!」9月11日(月)に47都道府県の献血会場で実施
2018年 平成28年
熊本地震
200万円
(物品含む)
日本赤十字社 日清医療食品と日本赤十字社がコラボして「献血で熊本支援を!」 2月9日(金)に47都道府県の献血会場で実施
東日本大震災 広告出稿
(寄付含む)
河北新報
東日本大震災みやぎこども育成募金
2018年 みやぎ復興応援紙面への協賛および寄付について
平成30年7月豪雨 支援物資 契約先施設 平成30年7月西日本豪雨における影響について
平成30年7月豪雨 200万円
(物品含む)
日本赤十字社 9月11日(火)に47都道府県の献血会場で支援つきノベリティー(木の折り紙)を配布「献血で平成30年7月豪雨災害支援を!」
2019年 平成30年7月豪雨 200万円
(物品含む)
日本赤十字社 2月12日(火)に47都道府県の献血会場で支援つきノベリティー(木の折り紙)を配布「献血で平成30年7月豪雨災害支援を!」
東日本大震災 広告出稿
(寄付含む)
河北新報
東日本大震災みやぎこども育成募金
・2019年 みやぎ復興応援紙面への協賛および寄付について
平成30年7月豪雨 200万円
(物品含む)
日本赤十字社 9月11日(水)に47都道府県の献血会場で支援つきノベリティー(木の折り紙)を配布「献血で平成30年7月豪雨災害支援を!」
2020年 台風15号・19号 200万円
(物品含む)
日本赤十字社 2月10日(月)に47都道府県の献血会場で支援つきノベリティー(木の折り紙)を配布 「献血で台風15号・19号被災地支援を!」

 

少子高齢化・多様化する食事提供の中でも持続継続可能な食事提供を実現するために

 少子高齢化、多様化する食事ニーズや社会情勢の中でも持続継続可能な食事提供を実現するために、日清医療食品では2015年3月よりクックチル方式の「モバイルプラス」の提供を開始しました。

 このモバイルプラスはセントラルキッチンで調理した食事を急速冷却し、真空パックで保存を、ご契約先事業所で再加熱もしくは和えるだけで提供可能な食事形態です。
モバイルプラス導入により事業所での人員削減の実現ができており、これから加速する少子高齢化による人手不足への対策にも繋がります。

 このモバイルプラスには医療版、福祉版があり、それぞれ、常食、全粥食、減塩食、エネルギーコントール食があります。また、2016年11月からは刻まない介護食「モバイルプラス やわら御膳」の提供や「ミキサー食」などの介護食の提供も実施しています。

 「モバイルプラス」は前身である「モバイル」という商品がありました。
 「モバイル」は常食のみを製造していましたが、ターニングポイントとして東日本大震災時に被災地での提供があります。

 電気、水道、ガスの全てのインフラが不通かつ人数も少ない中で、食事提供が実現できたことで多くの人に喜ばれました。
 この経験から今後来る少子高齢化による労働力不足の改善として、いかにご契約先事業所で活用いただけるのかを考えた結果、常食以外の食形態の製造を実現しました。

 この実現には既存のセントラルキッチンの厨房機器、企画の統一や増設を行いました。
 また、従来のセントラルキッチンではバッチ方式で製造するにはある程度の人員が必要でしたが、2017年8月に竣工したヘルスケアフードファクトリー亀岡(以下「HFF亀岡」)では大量多品種の自動化・省力化・少人化を実現。今までのセントラルキッチンでは1日1万食前後の製造が、このHFF亀岡では1日10万食の製造を可能としました。
 更に2022年5月にはHFF亀岡と同規模のヘルスケアフードファクトリー関東の建設を予定しています。

ヘルスケアフードファクトリー亀岡 説明動画について





Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)における取り組みについて

SDGs
SDGs1貧困をなくそう SDGs2飢餓をゼロに SDGs3全ての人に健康と福祉を SDGs4質の高い教育をみんなに SDGs5ジェンダー平等を実現しよう SDGs6安全な水とトイレを世界中に
SDGs7エネルギーをみんなに そしてクリーンに SDGs8働きがいも 経済成長も SDGs9産業と技術革新の基盤をつくろう SDGs10人や国の不平等をなくそう SDGs11住み続けられる街づくりを SDGs12つくる責任つかう責任
SDGs13気候変動に具体的な対策を SDGs14海の豊かさを守ろう SDGs15陸の豊かさも守ろう SDGs16平和と公平をすべての人に SDGs17パートナーシップで目標を達成しよう