「食」の側面から医療・福祉を見つめ支える日清医療食品。ヘルスケアフードサービス業界のリーディングカンパニーです。日清医療食品株式会社

CSR/社会貢献活動の取り組み

コンプライアンス経営 あるある事例コンプライアンス経営 あるある事例

他社事例から学ぶコンプライアンスあるある事例

コンプライアンスを日本語に直訳すると法令遵守となりますが、身近な出来事の中でもコンプライアンスを意識する出来事はあります。
このサイトでは多くの人にコンプライアンスの意識を高めていただくため他社であった事例をパートナーシップ企業の協力の下掲載しております。

»パートナーシップ会社 ハイテクノロジー・コミュニケーションズ株式会社 サイトはこちら

つい、話したくなるのですが

つい、話したくなるのですが

自分のプレゼンした企画が採用され、嬉しくて嬉しくて友達に内容を言いふらした。

【コメント】


嬉しくて喋りたい気持ち…。わからなくもないですが、後に結ぶであろう「守秘義務契約」のことを忘れてはいけません。大人としての暗黙のルールで、そっと胸にしまっておきましょう。

つい、置いたままになるのですが

つい、置いたままになるのですが

営業担当が顧客リストなどの書類やパソコンをいつも車に入れたまま食事に行ったり、車を離れる人がいて、盗難に遭わないか心配です。

【コメント】


機密情報は、「肌身離さず」を徹底しましょう。
「ちゃんとドアにカギをかけているから安全だ」と思うのは早計です。車上荒らしにとって、人目がなければ車のドアを破ることは昼飯前・・・もとい朝飯前です。

C?BCC?それとも間違い?

C?BCC?それとも間違い?

一斉送信のメールがCC で送信されてきたため、他社のメアドと名前を知ってしまった。

【コメント】


CCで一斉送信されたメールを受信しますが、送信者にそのことを伝えていいものか、見て見ぬふりをすべきか迷いませんか?
アドレスも個人に紐付く情報ですし、その情報が第三者である他社に漏えいをしてよいものなのでしょうか?
送信者からのフォローがないと、気付いていないか、なかったことにしているかと思われるかもしれません。誤送信の場合は削除の依頼をする姿勢も大事かも知れませんね。

大丈夫?戻ってきてびっくりすることも?

大丈夫?戻ってきてびっくりすることも?

ファミレスで、これ見よがしにパソコンで仕事。挙げ句にパソコンを開いたままトイレへ。

【コメント】


喫茶店やファミレスでよく遭遇するシーンです。
治安のいい日本とはいえ、「心配しなさすぎ」と、呆れてしまいます。財布や腕時計、貴金属などの「肌身離さず」は徹底しているのに、ノートPC はサイズが大きいためか、「持って行かれることはないだろう」と考える人が結構います。PC 内の情報はもちろん、PC 自体も貴重品ですので、肌身離さず携行しましょう。情報漏洩の原因で「盗難、紛失・置き忘れ」は、大きな割合を占めています。ご注意を。