「食」の側面から医療・福祉を見つめ支える日清医療食品。ヘルスケアフードサービス業界のリーディングカンパニーです。日清医療食品株式会社

CSR/社会貢献活動の取り組み

コンプライアンス経営 他社事例から学ぶ54コンプライアンス経営 他社事例から学ぶ54

新人教育の準備

身近なできごとや他社の事例から「コンプライアンス」を学ぶ。
今回は、「新人教育の準備」についてです。

掲載内容につきましては、パートナーシップ企業の協力の元作成をしております。

»パートナーシップ会社 ハイテクノロジー・コミュニケーションズ株式会社 サイトはこちら

他社の事例から学ぼう!

【今回のケース】


Bさんの指導にはいくつかの問題があります。指導内容を記した文書を作っていない/資料を見ればわかるなど、説明が不十分/相手が理解できているか確認していない/「間違ってるよ」という新人には厳しい言葉づかい、などです。一方、良い新人教育とは、教えられた仕事を新人が無理なく覚えていけるような教え方のことです。

【まとめ】


新人教育もプロジェクトの1つであり、きちんとした準備が必要だということをしっかり認識しましょう。
計画を立てて(プランニング、スケジューリング)、内容を吟味し(洗い出し、優先順位づけ)、文書化して(指導マニュアルの作成)おきましょう。きちんと準備するには時間が必要ですが、新人教育に時間がかけられないときほど、このような文書が役に立ちます。指導の現場では、新人がどのような人か考えて、反応を見ながら、わかりやすく伝えることを心がけてください。



前ページ:良い引き継ぎとは|  次ページ:マタニティ・ハラスメント


»コンプライアンス経営 他社事例から学ぶ目次についてはこちら

»パートナーシップ会社 ハイテクノロジー・コミュニケーションズ株式会社へのインタビュー記事についてはこちら