「食」の側面から医療・福祉を見つめ支える日清医療食品。ヘルスケアフードサービス業界のリーディングカンパニーです。日清医療食品株式会社

CSR/社会貢献活動の取り組み

コンプライアンス経営 他社事例から学ぶ 48コンプライアンス経営 他社事例から学ぶ 48

まもなく強化されるパワハラ防止対策

身近なできごとや他社の事例から「コンプライアンス」を学ぶ。
今回は、6月1日から強化される「パワハラ防止対策」についてです。

掲載内容につきましては、パートナーシップ企業の協力の元作成をしております。

»パートナーシップ会社 ハイテクノロジー・コミュニケーションズ株式会社 サイトはこちら

他社の事例から学ぼう!

まもなく強化されるパワハラ防止対策

【今回のケース】


6月1日からパワハラ防止法が施行されましたが、課長の指導方法は以前とかわりませんでした。
Aさんは、何とかならないかと思ってパワハラ防止法を調べてから、相談窓口に電話をかけてみました。

【まとめ】


 昨年5月に成立したパワハラ防止法(改正労働施策総合推進法)がいよいよ今年6月1日に施行され、事業主にはパワハラを防止する措置が義務化されます。

この法律でパワハラは次のように定義されています。
「職場において行われる
① 上司から部下など優越的な関係を背景とした言動であって
② 「バカ、給料泥棒など」業務上必要かつ相当な範囲を超えたものにより
③ 労働者の就業環境が害されるもの
①~③までの要素を全て満たすもの」

 日清医療食品ではこれまで以上にパワハラ防止の取り組みを進めます。
 詳しくは「コンプライアンス・ポケットガイド」に追加した2ページ、および「コンプライアンス・ガイドブック」の「服務規律」の「禁止行為」に追加した内容を確認してください。さらに研修も実施して、取り組みの周知・啓発を図っていきます。


前ページ:サービス残業がよくないのはなぜ?|  次ページ:会社の備品を黙って持ち帰ると


»コンプライアンス経営 他社事例から学ぶ目次についてはこちら

»パートナーシップ会社 ハイテクノロジー・コミュニケーションズ株式会社へのインタビュー記事についてはこちら