「食」の側面から医療・福祉を見つめ支える日清医療食品。ヘルスケアフードサービス業界のリーディングカンパニーです。日清医療食品株式会社

CSR/社会貢献活動の取り組み

コンプライアンス経営 他社事例から学ぶ 41コンプライアンス経営 他社事例から学ぶ 41

ハウスルールもきちんと伝えよう

身近なできごとや他社の事例から「コンプライアンス」を学ぶ。
今回は「ハウスルールもきちんと伝えよう」についてです。

掲載内容につきましては、パートナーシップ企業の協力の元作成をしております。

»パートナーシップ会社 ハイテクノロジー・コミュニケーションズ株式会社 サイトはこちら

他社の事例から学ぼう!

ハウスルールもきちんと伝えよう

【今回のケース】


就業規則や社是・社訓のように文書化された会社のルールだけでなく、職場ごとに独自のルール「ハウスルール」が存在することもあります。

ハウスルールは“明文化されていない”“暗黙の了解”“細部が多少あいまい”といったものが多く、新人には分かりにくいです。

今回の事例の「(食材でない)別のものに触ったら手を洗う」も明文化されていないハウスルールの1つでしたが、新人であるAさんはその存在を知らず、暗黙のルールを破ったためBさんの怒りを買ったのでした。

【まとめ】


ハウスルールは、長く働いている人にとっては空気のような存在で、当たり前すぎて存在することさえも意識していないかもしれません。

しかし「空気」であっても、周知されていないと今回の事例のように先輩が新人に無用の注意や叱責をして、新人をがっかりさせてしまうことになりかねません。

先輩は、新人に研修で学んだこと、学んでいないことを確認しながら、学んでいない独自のハウスルールを教えることで、みんながルールを守って気持ち良く働ける職場にしていきましょう。

また新人は、分からないことがあれば積極的に先輩に質問するようにしましょう。



前ページ:歩きスマホに注意しよう  |  次ページ:SNS への投稿に注意しよう


»コンプライアンス経営 他社事例から学ぶ目次についてはこちら

»パートナーシップ会社 ハイテクノロジー・コミュニケーションズ株式会社へのインタビュー記事についてはこちら