「食」の側面から医療・福祉を見つめ支える日清医療食品。ヘルスケアフードサービス業界のリーディングカンパニーです。日清医療食品株式会社

CSR/社会貢献活動の取り組み

コンプライアンス経営 他社事例から学ぶ 40コンプライアンス経営 他社事例から学ぶ 40

歩きスマホに注意しよう

身近なできごとや他社の事例から「コンプライアンス」を学ぶ。
今回は「歩きスマホ」についてです。

掲載内容につきましては、パートナーシップ企業の協力の元作成をしております。

»パートナーシップ会社 ハイテクノロジー・コミュニケーションズ株式会社 サイトはこちら

他社の事例から学ぼう!

歩きスマホに注意しよう

【今回のケース】


歩きスマホ等が原因の事故やトラブルには、今回の事例のように「人やものにぶつかってケガをする/させる」など多数あり、ニュースでも取り上げられています。

歩きスマホが危険な理由の1 つは、視野が狭くなることです。実験によると、歩きスマホで画面に集中していると、視野が前寄りに通常の20 分の1 程度に狭くなってしまい、左右など周辺への注意がおろそかになります。

【まとめ】


歩きスマホは、すれ違う人に気付かない、前から来る人とぶつかりそうになる、歩く速さが普段より20~30%遅くなる、蛇行して歩く、などの現象が起きます。

歩きスマホや自転車・車の運転中の操作は危険な行為であり、この4コマ漫画のような出来事は他人事ではないことを認識してください。

なおスマホの利用にあたっては、厨房をはじめ持ち込み禁止の場所に持ち込まない(異物混入や情報漏えいなどを防ぐため)、乗り物の中や店内など通話禁止の場所で話さない、といったルールを守ることも大切です。


前ページ:残業や休日出勤をしすぎないためには  |  次ページ:ハウスルールもきちんと伝えよう


»コンプライアンス経営 他社事例から学ぶ目次についてはこちら

»パートナーシップ会社 ハイテクノロジー・コミュニケーションズ株式会社へのインタビュー記事についてはこちら