「食」の側面から医療・福祉を見つめ支える日清医療食品。ヘルスケアフードサービス業界のリーディングカンパニーです。日清医療食品株式会社

CSR/社会貢献活動の取り組み

コンプライアンス経営 他社事例から学ぶ 20コンプライアンス経営 他社事例から学ぶ 20

「自転車で、危険な運転をしていませんか?」

身近なできごとや他社の事例から「コンプライアンス」を学ぶ「コンプライアンスだより」。
今回は身近な乗り物である自転車についてです。
2015年6月1日から道路交通法が改正になり、取り締まりが強化されています。
通勤に使う方も多い自転車でやってはいけないこと、皆さんは全部知っていましたか?

他社の事例で考えてみましょう。

掲載内容につきましては、パートナーシップ企業の協力の元作成をしております。

»パートナーシップ会社 ハイテクノロジー・コミュニケーションズ株式会社 サイトはこちら

他社の事例から学ぼう!

「自転車で、危険な運転をしていませんか?」

【今回のケース】


歩行中に、自転車の危険な運転にヒヤリとさせられた経験がある方、多いのではないでしょうか。

また、上記のような危険な運転をしてしまった経験がある方もいるかもしれません。
2015年6月1日から道路交通法が改正になり、自転車運転中の交通違反の取り締まりが強化されています。

「ながら運転」「前方不注意」などの安全義務違反、「自転車専用レーンの枠外を通る」などの通行区分違反をはじめ、全部で14項目が危険行為に指定されました。

危険な運転は、事故やトラブルの原因となります。第三者や、あなた自身の生命を危険にさらす行為であることを忘れてはいけません。


【まとめ】


自転車は「軽車両」ですが、自動車のように運転免許が不要のため、交通ルールを理解せずに運転しているケースもあります。
それでも、違反行為があった場合には「知らなかった」では済まされません。もう一度交通ルールを確認し、ルールを守り、周囲の状況に注意して、安全運転を心がけましょう。

※危険行為を繰り返す(3年以内に2回以上)と、公安委員会から自転車運転者講習の受講命令を受け、この命令に従わないと、5万円以下の罰金に処せられます。なお、自転車運転者講習の講習時間は3時間、講習手数料として5,700円(標準額)の支払いが義務付けられています。


前ページ:うっかりミスの原因は?  |  次ページ:つい、感情的になっていませんか?


»コンプライアンス経営 他社事例から学ぶ目次についてはこちら

»パートナーシップ会社 ハイテクノロジー・コミュニケーションズ株式会社へのインタビュー記事についてはこちら