「食」の側面から医療・福祉を見つめ支える日清医療食品。ヘルスケアフードサービス業界のリーディングカンパニーです。日清医療食品株式会社

CSR/社会貢献活動の取り組み

スポーツ振興スポーツ振興

スポーツ振興における日清医療食品の考え方

医療・介護での食事サービスの提供を行う日清医療食品では、生涯スポーツの応援としてスポーツチームのスポンサーやスポーツ大会の協賛などに取り組んでいます。

柏レイソルスポンサーについて

日清医療食品は、2011年からJリーグ柏レイソルとスポンサー契約をしております。サッカーを通じて「感動」「元気」を届ける姿を応援するとともに、地域社会への貢献を行っております。
また、当社関連会社である日京クリエイトは柏レイソル(トップチーム、アカデミー生)での食事・栄養サポートを行っています。



全日本小学生ゴルフトーナメント決勝大会 協賛について

日清医療食品は、2012年から社団法人女子プロゴルフ協会様を通じて全日本小学生ゴルフトーナメント決勝大会を応援しています。
ゴルフは生涯スポーツであるとともに、身体を動かしながらスコアを計算するため痴呆防止にも役立ち介護との親和性も高いです。
また、この全日本小学生ゴルフトーナメント決勝大会はこれから将来を担うジュニアゴルファーの普及、育成と競技する上で重要な大会であります。

女子優勝者 男子優勝者

京都マラソンへの協賛について

日清医療食品は、2016年からワタキューセイモア株式会社および当社の創業の地である京都で開催されています京都マラソンを応援しています。
走ることは全てのスポーツにつながり健康につながります。



ソフトテニスの普及に



代表取締役会長 安道光二

日清医療食品株式会社 代表取締役会長の安道光二は公益財団法人日本ソフトテニス連盟の会長を務めており、また、当社親会社であるワタキューセイモアにはソフトテニスの実業団があります。

安道会長は公益財団法人日本ソフトテニス連盟会長就任時に以下のように挨拶をしています。

日本で生まれ発展してきたソフトテニス競技。これを愛する46万人の競技者とともに更なる発展の道を辿る事は、大きな喜びであると同時に身の引き締まる思いであります。

私自身は競技者としての経験はごくわずかでしかありませんが、ソフトテニスの持つ生涯スポーツとしての発展性と、多くの競技人口が持つパワーには限りない可能性を感じておりました。

ソフトテニスを通じて環境保全を図っていくとともにマナーを重んじる教育を推進し、青少年の健全育成を図っていきたいと思っております。

日清医療食品もワタキューグループの一員としてソフトテニスを応援しています。