「食」の側面から医療・福祉を見つめ支える日清医療食品。ヘルスケアフードサービス業界のリーディングカンパニーです。日清医療食品株式会社

ヘルスケアフードサービスセンター名古屋 修文大学の学生および教員の工場見学を実施ヘルスケアフードサービスセンター名古屋 修文大学の学生および教員の工場見学を実施

2019年12月17日|社会貢献

各位

12月13日(金)、日清医療食品株式会社ヘルスケアフードサービスセンター名古屋(以下「名古屋CK」)は、修文大学 健康栄養学部 管理栄養学科の学生および教員21名の工場見学を実施しました。

修文大学側から、病院・福祉施設向けのクックサーブの現場実習は行ってきていたが、クックチルの現場実習が実施できておらず、座学のみのため工場見学の打診を受けました。

日清医療食品は現在、今後の少子高齢化を見越しセントラルキッチンの増強をしている背景から、今後、医療・福祉業界で活躍される学生皆様に対して、セントラルキッチン概要、セントラルキッチンの施設内の見学、当社ブランドの「モバイルプラス」の説明を名古屋CKの職員および弊社名古屋支店の担当者が行いました。

※セントラルキッチンの衛生区域への立ち入りに関しては細菌検査の実施、検査結果の提出のご協力をお願いしました。

» 修文大学HPについてはこちら

見学風景

 

【本取り組みとSDGsについて】

»日清医療食品における機会とリスク/SDGsとのつながりについてはこちら

以上

 


【本件に関する問い合わせ先】

日清医療食品株式会社 総務部 広報課
Tel:03-3287-3619