「食」の側面から医療・福祉を見つめ支える日清医療食品。ヘルスケアフードサービス業界のリーディングカンパニーです。日清医療食品株式会社

全国ヘリ離着陸場の90%以上で夜間の緊急着陸が困難な現状に対し災害や緊急時の防災・救命ヘリコプターが夜間でも着陸できるようになる移動型照明を4社にて開発 2月18日に会見実施全国ヘリ離着陸場の90%以上で夜間の緊急着陸が困難な現状に対し災害や緊急時の防災・救命ヘリコプターが夜間でも着陸できるようになる移動型照明を4社にて開発 2月18日に会見実施

岐阜大学 ロゴ ヒラタ学園 ロゴ ヒューロビント ロゴ

印刷をされる方はこちらをご覧ください。(PDF形式、289KB)
2020年2月18日 15:00
国立大学法人岐阜大学
学校法人ヒラタ学園
株式会社ヒューロビント
日清医療食品株式会社





 国立大学法人岐阜大学と学校法人ヒラタ学園は、災害発生時の物資搬送や緊急対応で照明設備のないヘリポートでも夜間着陸が可能となるヘリ専用移動型照明設備(地面設置用)を開発しました。

 工事を伴う常設型より大幅に低価格で、持ち運びや設置方法でもこれまで夜間照明の既製品が普及してこなかった多くの課題を解消しています。

 同法人では、この新開発の製品を普及させることにより、全国にあるヘリコプター離着陸場の90%以上で夜間の離着陸ができない状況を少しでも改善していけることを目指しています。

 この新製品の開発にかかわりました岐阜大学とヘリコプターでの航空運送に携わっているヒラタ学園、製品の生産を担当する学生ベンチャー企業の株式会社ヒューロビント、そしてこの度の開発プロジェクトで重要な役割を果たした病院・介護施設での食事サービスを提供する日清医療食品株式会社の各社から、この移動型夜間照明の開発に至った経緯、製品概要、販売方法についての会見を実施いたしました。

【会見詳細】

内 容
ヘリポート専用の移動型夜間照明の新製品記者発表会

日 時
2020年2月18日(火) 13時30分~14時30分(受付13時開始)

会 場
学校法人ヒラタ学園 神戸エアセンター(兵庫県神戸市中央区神戸空港8-4)

登壇者
国立大学法人岐阜大学 工学部機械工学科 准教授(博士)松下光次郎
学校法人ヒラタ学園 副理事長 航空事業本部 本部長 平田光弘
学校法人ヒラタ学園 航空事業本部 副本部長 飛弾清彦
株式会社ヒューロビント 代表取締役 岩田君彦
日清医療食品株式会社 取締役総務本部長 乳井真一

【参考写真】

商品画像 キャリーバック入りの画像
設置風景 夜間時照明画像
ヘリ上空からの画像 夜間時ヘリコプター着陸画像

以上

 

【商品についての問い合わせ先】

学校法人ヒラタ学園 航空事業本部
連絡先:078-304-5725

【本件に関する問い合わせ先】

日清医療食品株式会社 総務部広報課
担当:神戸
Tel:03-3287-3619