「食」の側面から医療・福祉を見つめ支える日清医療食品。ヘルスケアフードサービス業界のリーディングカンパニーです。日清医療食品株式会社

シトラスリボンプロジェクト応援についてシトラスリボンプロジェクト応援について

2021年02月09日|お知らせ

各位

印刷をされる方はこちらをご覧ください。(PDF形式、285Kb)
2021年2月9日 10:00

病院・介護福祉施設での食事提供サービス会社である日清医療食品株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:菅井正一 以下「日清医療食品」)は、愛媛県から全国に広がっているシトラスリボンプロジェクトに賛同・応援いたします。



【シトラスリボンプロジェクトとは】

 コロナ禍で生まれた差別、偏見を耳にした愛媛の有志がつくったプロジェクトです。 愛媛特産の柑橘にちなみ、シトラス色のリボンや専用ロゴを身につけて、「ただいま」「おかえり」の気持ちを表す活動を広めています。 リボンやロゴで表現する3つの輪は、地域と家庭と職場(もしくは学校)です。
「ただいま」「おかえり」と言いあえるまちなら、安心して検査を受けることができ、ひいては感染拡大を防ぐことにつながります。 また、感染者への差別や偏見が広がることで生まれる弊害も防ぐことができます。感染者が「出た」「出ない」ということ自体よりも、感染が確認された“その後”に的確な対応ができるかどうかで、その地域のイメージが左右されると、考えます。 コロナ禍のなかに居ても居なくても、みんなが心から暮らしやすいまちを今こそ。 コロナ禍の“その後”も見すえ、暮らしやすい社会をめざしませんか?

【応援の背景】

 医療に携わる企業としてコロナ禍の中何かできないかと考えている中で、ハーティセンターでは感染しても安心してくらせる理念とエッセンシャルワーカーの方々を応援する気持ちを込めてシトラスリボンの作成をしています。
 今回、ハーティセンターでの製作数が40個に達したため、関係者への配布を行うことを決定しました。

【シトラスリボン作成風景】

【作成したシトラスリボン】




【本取り組みとSDGsについて】

»日清医療食品における機会とリスク/SDGsとのつながりについてはこちら

以上

 

【本件に関する問い合わせ先】

日清医療食品株式会社 総務部広報課
担当:神戸
Tel:03-3287-3619