「食」の側面から医療・福祉を見つめ支える日清医療食品。ヘルスケアフードサービス業界のリーディングカンパニーです。日清医療食品株式会社

平成30年7月西日本豪雨における影響について平成30年7月西日本豪雨における影響について

2018年07月09日|お知らせ

各位

印刷をされる方はこちらをご覧ください。(PDF形式、213Kb)
2018年7月9日 09:00

 2018年(平成 30年)7月5日から西日本を中心に発生している集中豪雨(平成30年7月西日本豪雨)により亡くなられた方々に謹んでお悔やみ申し上げますとともに、被災された方々に心よりお見舞い申し上げます。

 日清医療食品株式会社(本社:東京都千代田区、社長:菅井正一)では、備蓄食材ならびに現地の商品を活用しながら、食事サービスの提供を継続していますが、現時点での報告を行います。

【ご契約先事業所の被災状況について】

 ・浸水施設    5箇所   ・断水施設   32箇所
 ・停電施設    4箇所   ・ガス不通施設  3箇所
 備蓄品や現地の商品を活用し食事提供を継続しています。

【本社からの支援状況について】

実施日 2018年7月8日(日)
フライトプラン 17時05分      神戸空港発
18時07分      広島県三原市下北方(介護施設駐車場に着陸)
配送手段 ヘリコプター1機(EC-135)
配送物資 備蓄品用缶詰、白粥他 合計286.9Kg:210食分
他 懐中電灯、充電器等





※神戸空港にて支援物資を搭載中の画像(写真提供:ヒラタ学園様)

【フライトの背景について】

 支援先施設の周囲が水没し孤立している状況であり、今後も継続して物流が寸断された場合、備蓄品を使い切る可能性がございました。また、他の施設の状況や天候を鑑みて、今回この施設へのヘリコプターでの支援を決定いたしました。
 今後も陸路ないし空路を活用した支援を実施する予定です。



※三原市上空の画像(写真提供:ヒラタ学園様)

以上

 

【本件に関する問い合わせ先】

日清医療食品株式会社 総務部広報課
担当:神戸
Tel:03-3287-3619