「食」の側面から医療・福祉を見つめ支える日清医療食品。ヘルスケアフードサービス業界のリーディングカンパニーです。日清医療食品株式会社

ベトナム人技能実習生をヘルスケアフードサービスセンター岩槻・名古屋に配属実施ベトナム人技能実習生をヘルスケアフードサービスセンター岩槻・名古屋に配属実施

2016年08月01日|お知らせ

各位

印刷をされる方はこちらをご覧ください。(PDF形式、297KB)
2016年8月1日 8:00



病院・介護福祉施設での給食サービスのリーディングカンパニーである日清医療食品株式会社(本社:東京都千代田区、社長:菅井正一 以下「日清医療食品」)は、ベトナム社会主義共和国(以下「ベトナム」)政府と日本政府が推進している外国人技能実習制度に協力し、ヘルスケアフードサービスセンター岩槻に8名、ヘルスケアフードサービスセンター名古屋に4名を配属しました。

20160801ia

【歓迎セレモニー】

2016年7月13日にベトナム技能実習生のメンバーは日清医療食品の本社を訪問し、激励会および本社執務内等を案内した後に、アンテナショップ nu dish Mousse Deli & Café(店舗:東京都中央区銀座4-8-4 三原ビル1F)にて歓迎セレモニーを実施。
日清医療食品が手掛けるムース食を使った料理、デザートを食べていただくことで緊張も和らぎ、日本での勤務に向けての決意が固まった様子でした。

集合写真 20160801ic 20160801id
本社での集合写真 提供した食事 慣れないバスでの移動

【配属先からのコメント】

ヘルスケアフードサービスセンター岩槻 平井センター長のコメント
母国を離れて異国の地で3年間実習をすることは大変な覚悟が必要なことだと思います。

今回8名の方が岩槻で実習をしていただけます。彼女たちが必死に学んでいる姿を見て私たちも学ぶことが多くあると感じました。

また日清医療食品として外国人実習生の受け入れは初めての試みであり共に学びならが、お互い経験を重ね「日清医療食品で実習ができて良かった」と思えるようにし、今後も継続して実習の受け入れができるようにしていきたいと思います。

ヘルスケアフードサービスセンター名古屋 片桐センター長のコメント
外国人技能実習生の受け入れを聞いた時、当初言葉や文化の違いから不安もありました。

けれど、受け入れ前の研修で前向きに真面目に取り組む様を見て一緒に仕事をやっていけると安心できました。

当社としての取り組みのさきがけとなり良い事例になるよう精一杯サポートをしていきたく思います。

 

【本件に関する問い合わせ先】

日清医療食品株式会社 総務部広報課
担当:神戸
Tel:03-3287-3619